オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

光ケーブル専用ブランド「ホリゾンテック」が登場!

2003年05月16日
光ケーブル「COD-401」(左)、自作キット(右) 「KIT-65N」\3,000
●(株)ホリゾンテックはオーディオ用の光デジタルテーブルを中心に、情報伝送機器の企画・設計・販売を行っている会社である。製品のラインナップとしては光ケーブルやプラグなどのDIY用部品と、これらを組み立てるためのツール、そしてこれらがセットになったDIY用キットが揃っている。

 同社の製品の中で特に特徴的なのが、独自の円形プラグである。円形なので角型コネクター(トスリンク)にどんな角度でも差し込める。同プラグは通常タイプの「OPB-41」とコネクター内の余った光をもらい、プラグの一部が光る「OPB-11」がありいずれもφ4.0のコード用に設計させている。

 光ケーブル「COD-401」はコア部にPMMA、1次シースにPE、2次シースには非移行性のPVCを採用するなど、最も効率のいい光伝送を実現するための素材と構造を採用し、高音質再生を実現してくれる。価格的にも3mあたり900円とお求め安い価格で販売しているので、お薦めの光ケーブルブランドとなっている。
 
 なお、5月21日発売の『オーディオアクセサリー109号』でも同社のブランド紹介を掲載しているので、こちらもお楽しみいただきたい。(季刊・オーディオアクセサリー編集部)


完成タイプの光ロングデジタルケーブル(写真左)
「LOC-41401」
\8,000(10m)

自作キット(写真右)
「KIT-65N」\3,000
円形プラグ×6個、φ4.0mmコード×5m