オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

地上波デジタルでは5.1ch生放送がある!? 関東・中京・近畿の放送エリアを初掲載! [AV REVIEW109]

2003年05月16日
「2003年末時点・地上波デジタル 関東・中京・近畿の放送エリア」を初掲載!
●AVレビュー最新号No.109は、明日5月17日(土)全国書店発売です。

第二特集は「地上波デジタル放送 ARE YOU READY?」
今年、テレビ放送50年目の節目を迎えて、アナログメディアの最後の砦である「地上波テレビ」がいよいよデジタル化へのカウントダウンを始めました。

Windows、インターネット、デジタルCS、DVD…いままでのどのデジタルムーブメントよりも社会的影響の大きい、このプロジェクトはまだまだ国民全体の理解が不足しています。

AVレビュー誌では、どのAVメディアよりも早くから、この地上波デジタルの問題を指摘し、一般への啓蒙のために記事展開を続けています。その情報はPhile-webにもコンテンツ提携されております。

最新号では5月時点での地上波デジタル放送の進捗状況が満載です。いちばんの注目は「六本木ヒルズに、テレビ朝日新本社が誕生」です。デジタルハイビジョン5.1ch生放送を実現できる最新スタジオを装備した「テレビ朝日新本社」にAV REVIEW編集部が初潜入です。

まだまだ放送機材の搬入段階で、本格稼動は夏以降ですが、『ニュースステーション』などでも1Fメインエントランスが登場するなど、話題度・期待度がいっぱいのテレビ朝日新本社を紹介していきます。

東芝から初登場した地上波デジタル対応ハイビジョンテレビ、東京の人は意外と知らないUHFアンテナの立て方、ケーブルテレビで見るには…などなど地上波デジタルのQ&Aにも答えます。

本誌110ページには「2003年末時点・地上波デジタル 関東・中京・近畿の放送エリア」を初掲載! あなたの町は2003年12月時点で地上波デジタルが受信できるのでしょうか? AVレビュー109号は明日(5月17日)発売です。

(AV REVIEW編集部)