オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

頭内定位を低減させたウルトラゾーネの新型ヘッドホンが登場

2002年02月04日
HFI-600
●サエク・コマースは、独ウルトラゾーネのヘッドホン「HFI-600」を発売する。価格は2万6千円。

本機は徹底した音場解析の結果、ヘッドホンの宿命とも言える頭内定位を大幅に改善。ユニット内のスピーカー固定角度、音響ボード、緩衝ボードの採用による「空間聴覚効果」の追求により、前方定位のナチュラルな音像を実現したという。

音質だけでなく、その高い安全性も本機の魅力。ウルトラゾーネのヘッドホンはヨーロッパTOC'99に準拠した防電磁波対策構造を備える。電磁波の漏洩量は、標準的なヘッドフォンの平均で1150nT(ナノ・テラス)。これに対してウルトラゾーネのULTRA LOW EMISSIONタイプでは、これを50〜76nTまで低減することに成功した。これなら長時間の着用も安心できる。

サエク・コマースでは、同社のヘッドフォン・プロセッサー「HP-2000」と組み合わせることで、頭内定位をさらに低減させることができると説明。小音量シアターをお楽しみの方には朗報となりそうだ。(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドULTRASONE
  • 型番HFI-600
  • 発売日近日
  • 価格¥26,000
【SPEC】●形式:ダイナミック型(LOW EMISSION TYPE) ●周波数帯域:20〜21,000Hz ●インピーダンス:32Ω ●音圧:92dB ●質量:215g ●ケーブル長:2.7m

関連記事