オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ケーブルブランド探訪記(ローゼンクランツ編 その2)

2001年06月12日
MODEL AC-1S/MODEL Dig-1S
●第2回目は同社のハイCPラインナップ、1Sシリーズの中から電源ケーブル「MODEL AC-1S」とデジタルケーブル「MODEL Dig-1S」をご紹介する。

6N銅0.6mm×7をプラスとマイナスに1本づつシールドし、ツイストさせその上に天然綿100%を巻き、銅の網シールドをかけるという構造を持つ。前回ご紹介の同シリーズのRCAオーディオケーブルとスピーカーケーブルを合わせて、トータルでの使用も推奨しているお薦めのハイCPモデルとなっている。(季刊・オーディオアクセサリー編集部)

【ローゼンクランツのプロフィール】
電気的な時間軸と振動の時間軸を一致させることをオーディオシステムの理想とするローゼンクランツはまずインシュレーター、そしてケーブルへと開発が始まった。現在は管球アンプやスピーカーまでも製作し、販売店も経営する近年の最有力ハウスブランドとなっている。ケーブルは、徹底した試作により線材からその配置、絶縁など入念な検討が施され、実に六重もの複雑な構造を作り上げて完成された同社の自信作であり、オーディオファンの間でも人気の高いシリーズとなっている。
新着記事を見る
  • ブランドROSEN KRANZ
  • 型番MODEL AC-1S/MODEL Dig-1S
  • 発売日大好評発売中!!
  • 価格¥35,000(1.8m)/¥17,500(1m)
【SPEC】価格→「MODEL AC-1S」:1.8m(35,000円)、2.4m(42,000円)、3.0m(49,000円)
「MODEL Dig-1S」:1.0m(17,500円 )、2.0m(23,000円 )