オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

寺島靖国の最新ジャズ本

2001年06月08日
●『季刊・オーディオアクセサリー』誌の連載「ジャズびたりオーディオ桃源郷」もますます好調の寺島靖国氏。氏の新刊『JAZZ「最高の愉しみ方」』は、「とにかくジャズを楽しく聴こう」という趣旨で編纂されたものだ。

ジャズは難しいけれども難しくない。勉強しようと思わず、楽しいと思える曲だけを聴いていけばいいのだ、という主張に沿って本書は進行していく。『スイングジャーナル』誌をはじめ、専門誌に掲載されたものを中心にまとめられているが、前述の寺島氏の主張は一貫しているので、違和感なく寺島ワールドに入り込むことができる。
オーディオファンにとって嬉しいのは、音についての言及が豊富なことだ。曲や演奏についてと同等、あるいはそれ以上に音の魅力について、寺島氏は熱く語りかける。熱狂的なオーディオマニアである氏らしく、「音」を愉しめなくてはジャズは面白くないということであろう。

読後、レコード店に行きたくてソワソワしている自分に気が付く。そういう本である。(季刊・オーディオアクセサリー編集部)
新着記事を見る
  • ブランド三笠書房 王様文庫
  • 型番JAZZ「最高の愉しみ方」
  • 発売日2001年6月
  • 価格\533+税