<山本敦のAV進化論>第3回

iPhoneでテレビを見る3つの方法、それぞれのメリット/デメリット

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

2014年04月09日

iPhoneに装着すると自動で視聴アプリ「モバイルTV(StationTV)」が立ち上がる。端末にアプリが入っていない段階で本体を挿しこむと自動でAppStoreにつながり、アプリのダウンロードに誘導される。

本体にドッキングすればすぐに「モバイルTV(StationTV)」アプリが起動し、テレビ視聴が開始できる

チャンネル設定を済ませたあとは難しい操作は一つもない。起動したテレビ画面を左右にフリックすればチャンネルが切り替えられる。内蔵するピクセラ製MPEG-2エンジンにより、安定感のある高画質なフルセグ映像が楽しめる。受信感度が落ちる室内環境などで使う場合は本体のスライド式アンテナを伸ばして使うか、または外部アンテナ入力に宅内のアンテナ線をつなぐこともできる。

画面をタップして左右にフリックするとチャンネルが切り替わる

アンテナ線は付属のアダプターを使って接続が可能

今回は製品発売前にテストを行ったため「モバイルTV(StationTV)」アプリのパイロット版をインストールしたiPadとチューナー本体をメーカーから借りてフルセグ視聴を試した。屋外では電波を安定して受信できるので、高精細なフルセグ映像が楽しめた。

当然ながらワンセグと比べてテロップの文字も読みやすく、サッカーではスタジアム全体の引きの映像でも選手の細かい動きをしっかりと追いかけることができる。中央線の快速列車に乗ってフルセグを見ても映像が途切れることはほとんどなかった。

なお、駅の構内など見渡しの良い室内空間ではフルセグからワンセグに切り替わることが多く、デパートなど大型商業施設の中や地下鉄では残念ながら電波が受信できなかった。

自宅でのテストでは、リビングの窓から数メートル離れた所でも問題なくフルセグを受信。我が家はキッチンにも小さな窓があるためか、きちんと電波が届いた。食事の支度をしながら手元でニュースやスポーツ番組が見られるので作業もはかどる。一方、寝室ではフルセグの受信感度が落ちたため、今回はアダプターを使って宅内アンテナにつないで視聴した。

フルセグ録画ができるアクセサリー端末も

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

関連リンク

関連記事