外径変更、2種のカーボンシートを同梱

ブライトーン、故・永瀬宗重氏開発のレコードスタビライザー「NAZO STAT」がVersion2に

2024/02/05 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ブライトーンは、故・永瀬宗重氏が開発したレコードスタビライザー「NAZO STAT Version2」を発売する。価格は110,000円(税込)。

「NAZO STAT Version2」

オーディオサークル「ダブルウーファーズ」の会長として知られ、昨年4月に逝去された永瀬宗重氏のアイデアを元にブライトーンが製品化したアクセサリー。昨年9月に「NAZO STAT」として販売された。

スタビライザー中央に円錐状のパーツを置くことでレコード盤の静電気を空中に放出。スピンドル穴が入る部分に絶縁体を組み込み、さらに内径を大きくすることで、アナログプレーヤーとの電気的な接触を回避する仕組みとなっている。

大小2つのカーボンシートを付属

今回発売されるVersion2では、レコードレーベルの最大径に合わせるため、本体外径を100mmへと縮小した。レコード針やカートリッジ本体の乗り上げを防ぐために、外径100mmと92mmのカーボンシートを2枚付属し、システムに合わせて選択できるようにした。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE