全5モデルをラインナップ

Klipsch、受注生産のプレミアムスピーカー「HERITAGEシリーズ」

2022/10/05 編集部:杉山康介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ティアックは、同社が取り扱うKlipschのプレミアムスピーカー“HERITAGEシリーズ”最新モデルを本日10月5日より発売する。詳細なラインナップと価格は以下の通り(価格は全て1台/税込表記)。なお、全モデルとも受注生産品となる。

HERITAGEシリーズ
・Klipschorn AK6:¥1,650,000
・LaScala AL5:¥1,210,000
・Cornwall IV:¥682,000
・Forte IV:¥550,000
・Heresy IV:¥319,000

「ライブ会場のようなリアルな音を自宅にいながら体験する」という創業者の意思を受け継ぎ、創業地である米アーカンソー州ホープの工場で、職人が最高級の素材を使用して組み上げているというシリーズ。

Klipschorn AK6は、2.54cm軽量型ポリイミド振動板コンプレッションドライバー(K-7711)/5.08cmフェノリック振動板コンプレッションドライバー(K-702)/38.1cm繊維複合材料コーンウーファー(K-33-E)を搭載した3ウェイ・オールホーン方式・フロア型スピーカー。ミッドレンジとしてK-702を高効率ホーンに搭載することで、システムの歪みを最小限に抑え、リスニングエリア全体に明瞭で安定したサウンドを提供するという。

Klipschorn AK6

再生周波数帯域は33Hz-20kHz(±4dB)で音圧レベルは105dB@2.83V/1m、インピーダンスは8Ω、クロスオーバーは450Hz/4.5kHz。外形寸法は793.8W×1346.2H×717.5Dmmで、質量は100kg。カラーはブラック/ウォルナット/チェリーの3色を展開する。

LaScala AL5は、よりコンパクトなデザインで最高級のサウンドを提供するという3ウェイ・オールホーン方式・フロア型スピーカー。Klipschorn AK6と同じK-7711/K-702/K-33-Eを搭載し、低域のK-33-Eには創業者が1940年代に考案した独自のフォールデッドホーン(折り曲げホーン)を採用している。

LaScala AL5

再生周波数帯域は51Hz-20kHz(±4dB)で音圧レベルは105dB@2.83V/1m、インピーダンスは8Ω、クロスオーバーは450Hz/4.5kHz。外形寸法は615.9W×1016H×642.9Dmmで、質量は91kg。カラーはブラック/ウォルナット/チェリーの3色を展開する。

Cornwall IVは、2.54cmのチタンダイアフラムコンプレッションドライバー(K-107-TI)/ 4.45cmのK-702/38.1cmの繊維複合材料コーンウーファー(K-33-E)を搭載する3ウェイ・バスレフ型。

Cornwall IV

中域用のK-702は改良されたTractrixホーンと組み合わせつつ、中域のカバレージの改善とコントロールを実現するという特許技術「Mumpsテクノロジー」により、リスニングエリア全体でより安定したサウンドを提供。高域用のK-107-TIは新しいフェーズプラグを備えたもので、広域のリスニングエリア全体が均一になり、より広いスイートスポットを実現するという。

再生周波数帯域は34Hz-20kHz(±4dB)で音圧レベルは102dB@2.83V/1m、インピーダンスは8Ω、クロスオーバーは700Hz/5kHz。外形寸法は643W×965.2H×394Dmmで、質量は45.35kg。カラーはブラック/ウォルナット/チェリーの3色を展開。

3ウェイ・密閉型のForte IVは、高域用に2.54cmチタンダイアフラムコンプレッションドライバー(K-100-TI)、中域用に4.45cmのK-702、低域用に30.48cm繊維複合材料コーンウーファー(K-281)と38.1cmパッシブコーンラジエーター(KD-15)を搭載。最新のデザインとアコースティック・エンジニアリングの進歩により、プレミアムなパフォーマンスを約束するとのこと。

Forte IV

再生周波数帯域は38Hz-20kHz(±4dB)で音圧レベルは99dB@2.83V/1m、インピーダンスは8Ω、クロスオーバーは650Hz/5.2kHz。外形寸法は422.4W×908.1H×330Dmmで、質量は32.7kg。カラーはブラック/ウォルナット/チェリー/オークの4色を展開する。

Heresy IVは、2.54cmチタンダイアフラムコンプレッションドライバー(K-107-TI)/4.45cmのK-702/30.48cm繊維複合材料コーンウーファー(K-28-E)を搭載する3ウェイ・バスレフ型。Heresyモデルとしては初のリアポート採用により、低域の伸びを10Hz近く向上、部屋いっぱいに広がる低音を実現したという。

Heresy IV

またTractrixポートが、このクラスで最も効率的かつ速い空気の移動を可能にし、ポートノイズを低減してよりパンチの効いた低音を実現。かつカスタム設計のインナーフレアによりポートに流入する空気の乱れを抑え、ポートノイズを低減し、よりクリーンでパワフルな低音を実現するとのこと。

再生周波数帯域は48Hz-20kHz(±4dB)で音圧レベルは99dB@2.83V/1m、インピーダンスは8Ω、クロスオーバーは850Hz/4.5kHz。外形寸法は393.7W×630.1H×336.6Dmmで、質量は20.41kg。カラーはブラック/ウォルナット/チェリー/オークの4色を展開する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク