オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
専用グラウンドケーブルもオプションで用意

Fono Acustica、スピーカー専用の仮想アースシステム「Compas」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年09月08日
アイレックスは、Fono Acusticaのスピーカー専用グラウンドシステム「Compas」を発売する。価格は858,000円(税込/以下同)。

Fono Acustica「Compas」

Compasはスピーカー専用にチューニングされた仮想アースで、左右スピーカーのマイナス端子と接続して使用する。ボディは人工大理石で、自社製24K金メッキ端子が4つ装備されており、シングルワイヤー、バイワイヤー仕様のスピーカーどちらにも対応可能。

「Compas」の端子部

内部には複数のミネラル成分を主体とするパウダーが充填されており、ドライバーを駆動する際に使用される電力のうち、本来の動きを邪魔する成分を効果的に取り除くことができるとしている。

また、オプションとして専用のグラウンドケーブルもラインナップする。金+銀合金単線と、銀+銅合金単線の2バリエーションを揃える。価格は金+銀合金単線が891,000円(2.0m)、銀+銅合金単線は264,000円(2.0m)。音質確保の理由により最低2.0mからの提供となる。

銀+銅導体による専用グラウンドケーブル

関連記事