オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「4.4 to 4.4 Balanced Line Selector」

トップウイング、4.4mm端子採用機器を切り替えられるバランスラインセレクター

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年06月07日
トップウイングサイバーサウンドグループは、自社ブランドのトップウイングより、4.4mmバランスラインセレクター「4.4 to 4.4 Balanced Line Selector」を6月14日に発売する。価格は69,300円(税込)。

4.4 to 4.4 Balanced Line Selector

4.4mmバランス端子を持つ製品を接続し、入力3/出力1、もしくは入力1/出力3のセレクターとして使い分け可能なパッシブラインセレクター。アルプス社製ロータリーエンコーダ―やトープラ製4.4mmバランス端子など、日本製高品質パーツを採用することで音質劣化を極力排除しているという。

端子部

入出力端子のグラウンド(GND)は共通化し1点アース接続。外装はアルミ、鋼材を適材適所に用いることで、制振と防磁に配慮している。そのほか、M3のネジ径を採用し、インシュレーターを好みで交換して制振性能の向上を図ることもできる。

使用イメージ

外形寸法は125W×50H×120Dmm(端子含む)で、質量は450g。デスクトップオーディオ環境に馴染む、使いやすいサイズ感だとしている。

関連リンク

関連記事