オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
認定ヘッドホン制度も整備

ソニー、360 Reality Audioを本格始動。大滝詠一ら邦楽コンテンツのストリーミング配信も開始

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年03月23日
ソニーは、独自の立体音響技術「360 Reality Audio」の本格導入を発表した。技術ライセンス提供も含む対応ハードウェアの拡充に加え、大滝詠一の『A LONG VACATION』など邦楽コンテンツのストリーミング配信をスタート。音楽制作環境の整備にも注力していく。


360 Reality Audioは、360度に広がる全球に音源を配置し、自由な音楽表現を実現する立体音響技術。スピーカーとヘッドホンで体験ができ、水平方向だけではなく上下方向にも音を配置することで、まさに包み込まれるような音楽体験ができる技術となっている。

すでに海外では、ビリー・ジョエルやアース・ウインド & ファイアーなど、4000曲以上の楽曲が360 Reality Audio方式にて配信されているが、邦楽コンテンツの国内配信も4月16日よりスタートする。配信サービスとしてはAmazon Music HD、deezerのほか、ライヴ専用のnugs.netでも配信される。

最初にローンチされる音源として、40周年記念イヤーとなる大滝詠一の『A LONG VACATION』、鬼頭明里の『Colorful Closet』、リトル・グリー・モンスターのライブ音源ほか数百曲を用意。邦楽コンテンツはこれからも拡充していく予定という。

360 Reality Audioはすべてのヘッドホンで体験することができるが、ソニーの「認定ヘッドホン」ではより臨場感のある体験が実現できるとされる。「Headphones Connect」アプリで耳を撮影することで、頭部伝達関数を瞬時に計測。個人の耳の形状とヘッドホンの特性に音源を最適化し、パーソナライズされた音響体験を提供する。

「Headphones Connect」アプリ上で耳の写真を撮影

現在発表されている360 Reality Audio認定ヘッドホンは、ワイヤレスモデルのWH-1000Xシリーズ、WI-1000Xシリーズ、WF-1000Xシリーズなど。また有線モデルも認定ヘッドホンに加えられており、MDR-Z1R、MDR-Z7M2、MDR-1AM2などのヘッドホンや、IER-Z1R、XBA-25、IER-H500Aなどのイヤホンも対応する。また、今後はソニー製品だけではなく、他のブランドにもこの認定制度を広げていくとしている。

耳の撮影イメージ

再生機器としてはXperiaがすでに対応しているが、同社のNW-100シリーズやNW-ZX500シリーズなどのストリーミングウォークマンも対応。これらのウォークマンにAmazon music HDアプリをインストールし、認定ヘッドホンを最適化すれば、360 Reality Audioをフルスペックで楽しむことができるようになる。なお、ウォークマンにはカメラが付いていないが、スマートフォンアプリと連携することで、個人最適化が実現できる。

また、360 Reality Audioを実際に試してみたい場合、専用の「Artist Connection」アプリが無料で公開されている。アプリで視聴できるザラ・サーソンの独占パフォーマンスでは、シンガーであるザラを取り囲むようにバック・ミュージシャンが展開、カメラの動きに合わせて360度方向から音が聴こえるように制作されている。まさに360 Reality Audioらしい音楽体験を確認できる。

「Artist Connection」アプリで360 Reality Audioを体験できる

クリエイター向けには、制作用プラグイン「360 Reality Audio Creative Suite」を提供、制作環境の拡充も図るとしている。

関連記事