オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
日本国内50セット限定

AIRPULSE、アクティブスピーカー「A80」にクリスマスシーズン限定カラー“ELECTRIC BLUE”

編集部:松永達矢
2020年11月20日
ユキムは、同社が取り扱うAIRPULSEのハイレゾ対応アクティブスピーカー「A80」の2020年クリスマスシーズン限定カラー・バージョン「A80 ELECTRIC BLUE」を、12月1日に発売する。価格はオープンだが、82,000円前後(ペア/税抜)での実売が予想される。販売数は日本国内50セット限定となる。

A80 ELECTRIC BLUE

ベースとなる「A80」はXMOSコアを搭載するハイレゾ対応アクティブ・スピーカーであり、設計はアビーロード・スタジオに導入されたAE-1で知られるフィル・ジョーンズ氏によるもの。プロ用ニアフィールド・モニターの製作で培ったノウハウを随所に反映しているという。

トゥイーターにはアルミニウム・リボン・ダイヤフラムのホーンロード・リボントゥイーター、ウーファーは11.5cmのアルミニウム合金コーンウーファーを搭載。デジタル入力としてUSB、Optical、Bluetoothに対応。最大192kHzの入力をサポートするほか、BluetoothのオーディオレシーバーにはQualcomm Bluetooth V5.0チップセットを採用し、aptXコーデックにも対応する。

11.5cmアルミニウム合金コーンウーファー

ホーンロード・リボントゥイーター

A80 ELECTRIC BLUEは2020年のクリスマスシーズンに向けて企画された限定カラーバージョンで、鮮やかなブルーが特徴。購入者にはもれなくオリジナル・トートバッグがプレゼントされる。

エアパルス・オリジナル・トートバッグ

関連リンク

関連記事