オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新開発の導体を採用

ゾノトーン、“新・リファレンス”を目指した電源ボックス「ZPS-S6」

編集部:平山洸太
2020年11月17日
前園サウンドラボは、Zonotone(ゾノトーン)ブランドの電源ボックス「ZPS-S6」を12月初旬に発売する。価格は230,000円(税抜)。

「ZPS-S6」

「ZPS-6000」の後継モデルとして、「新・リファレンス」を目指して開発した電源ボックス。「時間を惜しむことなく、培ってきた技術のすべてを投入し、チューニングにチューニングを重ね」ることで、「はるかに上回る情報量、力感、ダイナミックな高S/Nを実現」したと説明している。

導体には新開発となる3.5スケアの導体を採用。同社トップエンドの電源ケーブル「7NPS-Shupreme1」のコンセプトを受け継ぎ、超高純度7NクラスCu、高純度5NCu、純銀コートOFC、高純度無酸素銅OFCの4種をハイブリッドした。加えてノイズフィルターやコンデンサー類は一切使用せず、ピュアな伝送に徹した設計を採用している。

使用イメージ

筐体は「頑丈で振動を確実に抑えられること」を重視した結果、アルミダイキャストを採用したという。素材自体がシールド効果に優れるほか、内部には厚さ6mmのオリジナル・インシュレーターを内蔵。コンセント、インレットにはロジウムメッキを採用する。

外形寸法は220W×110H×120Dmmで、質量は3.3kg。インレットは3Pタイプ、アウトレットは3Pタイプ2口×3個(合計6口)となる。

関連記事