オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
コストパフォーマンスモデル「PL-5900」「PL-5900M」も

サエク、PC-Triple C導体の最上位電源ケーブル「PL-9000」。特注のフルテック製プラグ装着

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2020年10月09日
サエクコマースは、PC-Triple C導体を採用したSAECの最上級電源ケーブル「PL-9000」と、同じくPC-Triple C導体採用コストパフォーマンスモデル「PL-5900」「PL-5900M」を10月25日に発売する。

PL-9000

PL-9000は1.5m(120,000円/以下、価格はすべて税抜)、2.0m(125,000円)、3.0m(130,000円)の3種類を用意し、5,000円/0.5mで特注の長さへの変更も可能。

PL-5900とPL-5900Mは1.0m(38,000円)、1.5m(41,500円)、2.0m(45,000円)、3.0m(48,500円)の4種類で、3,500円/0.5mでの特注も可能。両者とも基本スペックは同一で、PL-5900Mがメガネ型プラグ仕様モデルとなる。

PL-5900

PL-9000/PL-5900/PL-5900Mともに、超低歪率ならびに高伝導率という安定した電気的特性を持つPC-Triple C導体を採用。これにより、広いダイナミックレンジと高いS/N比を実現した。

最上位モデルのPL-9000は、プラグに今回新たにフルテック製最高品質プラグ「FI-50」に金メッキを施したSAECオリジナル特注プラグを装着。絶縁体には制振材入特殊樹脂を採用し、振動対策も重視している。

また、銅箔シールド構造を採用することで、安定したシールド効果を発揮するとも説明。シースは、制振材入特殊樹脂+カーボン含侵ポリウレタン編組チューブ被服で柔軟性を持たせ、長期にわたって安定使用を実現したという。また、0.32×68 5.5sq、綿糸介在と共に3芯拠り合せのケーブル構造を採用している。

PL-5900/PL-5900Mでは、フルテック製プラグをハイグレードタイプの「FI-11M-N1(G)」に変更し、従来からさらなる高品質化を図ったモデル。メガネ型プラグの仕様もラインアップすることで幅広いオーディオ/AVシステムの環境に合わせて選択できるようにした。メガネ型プラグモデルのインレットプラグにはフルテック製「FI-8N(G)」を採用している。

絶縁体は、半硬質PVCを採用。また、銅箔シールド構造によって、安定したシールド効果を発揮するよう図っている。加えて、シース非鉛軟質PVC+ポリウレタン編組チューブ被服で柔軟性を持たせながら長期間の安定安用を実現したともしている。

関連記事