オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
『スター・ウォーズ』のメイン・タイトルも

映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムズが自身の代表曲を指揮。ウィーン・フィルのライブCD発売。BD付き盤も

ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年07月02日
『レイダース』『E.T.』などの映画音楽の巨匠として知られるジョン・ウィリアムズが指揮し、彼の代表作をウィーン・フィルが演奏した音源「ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン」がDeutsche Grammophonレーベルより8月14日、発売になる。

『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』 デラックス版UCCG-40106、通常盤UCCG-40107

MQA-CD+Blu-rayビデオのデラックス版は6,500円(税抜)、通常盤MQA-CDは2,800円(税抜)。MQA-CDはいずれもUHQCD仕様となる。発売元はユニバーサルミュージック。

2020年1月18日と19日の2日間、ウィーン・フィルの本拠地であるムジークフェラインの黄金のホールにて収録されたライヴの模様を収録。ヴァイオリンには、アンネ=ゾフィー・ムターが参加している。

ジョン・ウィリアムズは、アカデミー賞受賞5回、グラミー賞受賞25回、ゴールデン・グローブ賞受賞4回など数々の受賞歴を誇るハリウッド映画音楽のレジェンド。

ジョン・ウィリアムズ

『ジュラシック・パーク』や『レイダース』などスティーヴン・スピルバーグ監督の映画のほとんどの音楽を手がけるほか、スピルバーグから紹介されたジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ/新たなる希望』の有名なメインテーマも彼の作曲によるもの。

1978年にロサンゼルス・フィルを指揮してコンサート指揮者デビューを飾り、その後ボストン響、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロンドン響などと共演。アンネ=ゾフィー・ムターのために自身の映画音楽を編曲した『アクロス・ザ・スターズ』も話題を集めた。

ウィーン・フィルとの共演について、ジョン・ウィリアムズは、「私の人生で最も素晴らしい栄誉のひとつ」と語っている。

【ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン 収録曲】
01.ネヴァーランドへの飛行(『フック』から)
02.『未知との遭遇』から抜粋
03.悪魔のダンス(『イーストウィックの魔女たち』から)
04.地上の冒険(『E.T.』から)
05.『ジュラシック・パーク』のテーマ
06.ダートムア、1912 年(『戦火の馬』から)
07.『ジョーズ』から組曲
08.マリオンのテーマ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
09.メイン・タイトル(『スター・ウォーズ/新たなる希望』から)
10.レベリオン・イズ・リボーン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から)
11.ルークとレイア(『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から)
12.帝国のマーチ(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』から)
13.レイダース・マーチ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)

【デラックス版 ブルーレイ・ビデオ 収録曲】5.1chサラウンド・サウンドも収録
01.ネヴァーランドへの飛行(『フック』から)
02.『未知との遭遇』から抜粋
03.ヘドウィグのテーマ(『ハリー・ポッターと賢者の石』から)
04.『サブリナ』のテーマ
05.ドニーブルーク・フェア(『遥かなる大地へ』から)
06.悪魔のダンス(『イーストウィックの魔女たち』から)
07.地上の冒険(『E.T.』から)
08.『ジュラシック・パーク』のテーマ
09.ダートムア、1912 年(『戦火の馬』から)
10.『ジョーズ』から組曲
11.マリオンのテーマ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
12.レベリオン・イズ・リボーン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から)
13.ルークとレイア(『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から)
14.メイン・タイトル(『スター・ウォーズ/新たなる希望』から)
15.『シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛』のテーマ
16.決闘(『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』から)
17.追憶(『シンドラーのリスト』から)
18.帝国のマーチ(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』から)
19.レイダース・マーチ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)

関連記事