オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ケーブル一体型モデル

USB2.0伝送用サウンドトリートメントケーブル、逗子の新進ブランドSilent House Audio Lab.が発売

季刊ネットオーディオ編集部
2019年08月01日
神奈川・逗子に拠点を置くSilent House Audio Lab.は、パッシブ型のUSB2.0伝送用サウンドトリートメントケーブル「STC-USB2.0R2S」を本日8月1日より発売開始した。価格は38,000円(税抜)。

USB2.0サウンドトリートメントケーブル「STC-USB2.0R2S」38,000円/1本(税抜)

このサウンドトリートメントケーブルは、単体で既発のUSB2.0伝送用サウンドトリートメントユニット「NFU-USB2.0R」(価格はオープン、予想実売価格64,000円/税抜)を、ケーブルと一体型したもので、接続ケーブルとして完結した製品化が最大のポイントとなっている。

同社では本品の開発にあたり、数十回におよぶシミュレーションと実装、測定、試聴、改造の繰り返しの末、低コストで非常にジッターが少なく、より理想的な音質かつ価格も手頃なものを実現させ、完成度の高い製品に仕上がったという。

ケーブル部には、単体ユニットの発売時にも同社が推奨ケーブルとしていた、ゾノトーンの「6N・USB-Grandio 2.0」を採用。ケーブル全長は約90cmとなっている。

高解像度、ハイスピードな反応、躍動感、明瞭な音の骨格など、「6N・USB-Grandio 2.0」の持つパフォーマンスを引き出しつつ、さらに高度な再生プレゼンスとして「広く、深い音場」「緻密で滑らかな質感」「混濁感のなクリアな分解能」「充実した低域による安定した音楽再生」「低域から高域まで位相の揃った一体感」などを実現させたという。

なお、既発の単体ユニットR/H(ホスト側)との併用も可能で、それによってさらに音の粒立ちと品位を向上させ、よりナチュラルなプレゼンスを実現できるとのこと。

●取り扱い:Silent House Audio Lab.

関連リンク

関連記事