オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ホワイト/グロスウォールナットの2色を用意

ELAC、シリーズ最上位となるフロア型スピーカー「VELA FS 409」。ペア98万円

編集部:杉山康介
2019年01月25日
ユキムは、ELAC「VELA 400シリーズ」の最上位となるフロア型スピーカーシステム「VELA FS 409」を2月に発売する。価格はブラック・ハイグロス /ホワイト・ハイグロス仕上げが980,000円(ペア・税抜)、ウォルナット・ハイグロス仕上げが1,050,000円(ペア・税抜)。

「VELA FS 409」

VELA 400シリーズは「400シリーズ」(関連ニュース)の後継で、2018年11月に「VELA BS 403」「VELA FS 407」が発売された(関連ニュース)。今回、ここにシリーズ最大サイズとなる最上位モデルが追加されたかたちだ。


ウーファー専用基盤とトゥイーター専用基盤は干渉を防ぐためセパレート構成となっている

VELA FS 409は3.5ウェイ・バスレフ型のスピーカーシステム。VELAシリーズの他モデルと同様に、ELAC最新のハイルドライバー型トゥイーター「JFT V」を従来機に引き続き搭載。本機を含むVELAシリーズではその性能をさらに引き出すために、ウェーブガイドを装着して放射特性を向上させている。また、従来モデルからクロスオーバー周波数を下げ、JET Vの担当帯域を広げている。

VELAシリーズのJFT Vには、理想的な放射特性を得られるウェーブ・ガイドが装着され、またクロスオーバー周波数を下げることで、再生周波数帯域を広げているという

BS 403、FS 407、CC 401に搭載されたウーファーは150mm口径だが、本機には180mmのものが搭載されている

ウーファーおよびミッドレンジには、いずれもクルトミューラー製のペーパー・コーンとアルミニウム・コーンを重ねた「AS-XR CONE」ユニットを採用。従来からエッジ部のラバー・サラウンドを拡大、可動域の広いロングストローク・ボイスコイルのレスポンスを高めて、パワーハンドリング性能を向上させた。

なお、VELA BS 403/FS 407では150mm口径のウーファーが搭載されたが、本機ではミッドレンジが150mm口径、ウーファーが180mm口径となっている。

VELA FS 409の正面および背面

エンクロージャーはVELA FS 407と同様に、フロントバッフルをスラントさせいてタイムアライメントの整合を図り、成形されたアルミダイキャストの堅牢なベース部にマウント。フレア型のグラス・ファイバー製バスレフポートは底面に向かって配置され、壁反射の影響を受けにくくしている。エンクロージャー内部に発生するエネルギーの影響を避けるため、天面とスピーカー・ターミナル部には強固なアルミニウム・プレートが採用されている。

また、同じフロア型のVELA FS 407よりサイズアップしたことに合わせて、アルミ・ダイキャスト製ベース部、およびトップのアルミ・パネル部も大型化された。

クロスオーバーネットワークについては、大型空芯コイルを用いたウーファー専用基板と高品位パーツで構成されたトゥイーター専用基板をセパレート配置。干渉を防いでいる。また、スピーカー端子はバイワイヤリング接続に対応する。

ユニット構成は、ウーファーが180mm AS XRコーン×3、ミッドレンジは150mm AS XRコーン×1、トゥイーターはJET Vの3.5ウェイ・バスレフ構成。クロスオーバー周波数は140/360/2.7kHz、周波数特性は28〜50kHz。能率は89dB at 2,83V/m。定格入力/最大入力は200W/280W、インピーダンス/最低保証インピーダンスは4Ω/3,4Ω at 105Hz。外形寸法は1307H×276W×332Dmmで、質量は32.1kg。

関連リンク

関連記事