オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
本年最後となるSPレコードコンサート

音楽喫茶バロックで第6回「SPレコードコンサート」が今週末開催

季刊・アナログ編集部
2018年12月18日
東京都武蔵野市にある音楽喫茶バロックでは、SPレコードコンサートの第6回を今週末12月23日(日)に開催する。本イベントは、5月より開催され今回で第6回を迎える。


年末によく流れる音楽として、ベートーヴェンの第九交響曲が一般的だが、当日はベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』の演奏が企画されている。SP盤で11枚22面の『ミサ・ソレムニス』と、SP盤2枚4面となるシゲティ『バッハ 無伴奏ソナタ』、合わせて26面のレコードが演奏される。

これまでと同様、使用される蓄音器はバロックに常駐してある「HMV194」。銀座の蓄音器ショップ「シェルマン」の八重樫氏によって、オーバーホールが施され甦った完動品が使用される。

司会と進行は、季刊・analog誌で「音盤の誘惑」を連載している小代泰裕氏。当日演奏されるSP盤も同氏のコレクションから提供される。

座席は予約制ではなく先着順。開催時間は23日18時からを予定している。ご興味のある方は、ぜひご参加いただきたい。

【イベントの概要】
●開催日:12月23日(日)
●開催時間:18時開始
●演奏プログラム:ベートーヴェン/ミサ ソレムニス、シゲッティ/バッハ 無伴奏ソナタ
●料金:飲み物代+500円
●定員:30名(先着順)※定員が増えました
●会場:音楽喫茶バロック
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-3
    TEL 0422-21-3001

関連記事