オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
PIEGA「Coax 711」などハイエンドモデルが揃う

<TIAS>LINN、最新DAC“KATALYST”搭載「EXAKT」システムで試聴デモ/BRODMANN新スピーカーの製品版も

編集部:川田菜月
2017年09月30日
9月29日〜10月1日に東京国際フォーラムにて「2017年東京インターナショナルオーディオショウ」が開催されている。本稿では、PIEGAやOCTAVEなどを取り扱うフューレンコーディネートとLINN JAPANの出展内容をレポートする。

LINN JAPAN

リンジャパンでは2つの部屋に分けて試聴デモを実施。10月1日発売の新DACアーキテクチャー“KATALYST”搭載スピーカー「EXAKT AKUBARIK/1」「EXAKT AKUDORIK/1」を用いたサラウンドシステムのブースと、「KLIMAX EXAKT 350/1」を用いた試聴ブースを展開。その他同社製品も数多く展示されている。

EXAKT AKUBARIK/1

「EXAKT AKUBARIK/1」「EXAKT AKUDORIK/1」を用いたサラウンドシステム

「EXAKT AKUBARIK/1」「EXAKT AKUDORIK/1」は10月1日発売の新モデル(関連ニュース)で、イベント披露は世界初になるとのこと。マルチチャンネルに対応しており、本イベントでは4.1chシステムでデジタルファイルやBlu-ray、SACDなどの試聴デモを実施している。

サラウンドシステムでデジタル音源からBlu-ray、SACDなど様々な音楽ファイルを再生

本機種が搭載する同社の第4世代DACシステムである“KATALYST”は、チップを含む回路テクノロジーの最新版。安定した基準電圧や各ステージ間の相互干渉を防ぐ独立した給電システム、デジタルデータの最適化、高精度なマスタークロックを使用するなど、「より正確な音楽再生」を目的として開発されたという。

アナログプレーヤーやネットワークプレーヤーなどラインナップも展示

もう一方のブースでは、KLIMAX EXAKT 350/1(関連ニュース)の試聴ができる。本機は2016年に発売された製品だが、使用する個体は最新版ソフトウェアを搭載したモデルとのこと。こちらもマルチチャンネル対応となっており、試聴イベント時にはサラウンドシステムでの使用も実施される。

イベント時にはサラウンドシステムで試聴可能

ブース後ろにも製品を展示

同社はソフトウェアのアップデートを頻繁に行っているとのこと。最新版では帯域の分割方法など基本的な部分での細かな改良を加えたとしており、「長くLINNの製品を使っていただけるよう、ソフトウェアのアップデートは頻繁に行っている」としている。

ブース入り口にはLINNオリジナル飴も

フューレンコーディネート

フューレンコーディネートでは、PIEGAの同軸3Wayフロア型スピーカー「Coax 711」(関連ニュース)やフラグシップモデル「Master Line Source 2」(関連ニュース)など上位モデルをメインに、OCTAVEのアンプなど同社取り扱い製品などで構成したシステムで試聴デモを行っている。

同社取り扱い製品を使った試聴システムを構築

PIEGA「Coax 711」を中心に取り扱いスピーカーの上位モデルで試聴デモ

また、昨年のTIASではプロトタイプを用いていたBRODMANN(ブロッドマン)の新スピーカー「Joseph Brodmann Signature 175」も用意。今回使用しているのは製品版とのことで、日本での発売は2018年予定。価格はPiano Blackが6,400,000円、Walnut/Pommele/Birdseye Maple/Makassar/Bubingaが7,400,000円(いずれもペア・税抜)とのこと。その他同社の取り扱い製品を一斉に展示。試聴デモには多くのユーザーが訪れていた。

スピーカーも各モデルを展示

ブース後ろには同社取り扱い製品がずらりと並ぶ


Joseph Brodmann Signature 175の製品版も用意

PIEGAスピーカー内部の様子も展示。評論家による試聴イベントで紹介もされていた

関連記事