オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アコースティックラボ蔵前ショールームにて

“音がいい防音室”での試聴会、今週末に開催。アリオン新アンプやオーディオ専用アースの効果をデモ

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2017年08月28日
オーディオ専用アースと共用アースとの音質の違いを、オーディオ的な音の響きに配慮してつくった防音ショールームで比較体験できる試聴会「オーディオライブin蔵前Village【ALLION】」が、今週末9月1日(金)・2日(土)にアコースティックラボ蔵前ショールームで開催される。


日時:
9月1日(金)18時〜20時
9月2日(土)14時〜16時
会場:アコースティックラボ蔵前ショールーム(最寄り:浅草橋駅)
参加申し込みメールフォーム

前述のオーディオ専用アースや、出水電器「ALLION」ブランドの新プリメインアンプ「A-10」などを体験できるイベント。実際にアコースティックラボショールームへ導入されたオーディオ専用アースの効果を体験することができる。

今回、同社では出水電器の協力を得て10Ω以下の抵抗値を目指してオーディオ専用アースを導入。14スケアの極太ケーブルで、この線と、地面に打ち込んだアース棒を繋ぎ、コンセントまで配線したという。

イベントではこのオーディオ専用アースの効果を体験可能。アースの有無による聴き比べを予定していおり、「オーディオの再生音がどれほど変化するのか、必聴のイベントとなるでしょう」としている。

同社では「オーディオ用の電源においては、保守用(感電防止用)アースの接続はNG」とし、「エアコンや電子レンジなど、さまざまな電子機器と繋がっている保守用アースは、オーディオ再生においてノイズの原因となるため」だと説明している。

「特にマンションでは、オーディオ専用のアースを引き込めないのが普通なので、それならばオーディオ用の電源にアースを繋がないほうが良い、と考えておりますが、戸建て住宅などで専用アースを引ける環境であれば積極的にお勧めしています」という。


参加はもちろん無料で事前申し込みが必要。参加申し込みメールフォームか下記問い合わせ先から申し込みや各種問い合わせを受け付けている。


また、翌週の9月8日・9日にはスフォルツァートの新製品「DSP-Vela」と「DSP-Dorado」を体験できるイベントも開催。時間は8日(金)が18時〜20時で、9日(土)が14時〜16時。スフォルツァートの新ネットワークプレーヤー「DSP-Vela」および「DSP-Dorado」を体験することができる。こちらも参加申し込みメールフォームか下記問い合わせ先から申し込みや各種問い合わせを受け付けている。

関連記事