ハイエンド機器用電子ボリュームを搭載

アムレック、出力50W×2対応の小型デジタルステレオアンプ「AL-502H」

2016/07/01 編集部:伊藤 麻衣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Amulech(アムレック)は、出力50W×2対応の小型デジタルステレオアンプ「AL-502H」を発売した。価格は29,700円(税込)。

AL-502H

内部にMAXIM社製D級「MAX98400A」BTLモノラルパワーアンプを2基搭載したデュアル構成を採用。本体サイズ120W×35H×107Dmm、質量 約270gのコンパクトボディながら50W+50W(4Ω)のスピーカー出力に対応する。

ボリュームには、TI社のハイエンド機器用電子ボリューム「PGA2311」を搭載し、音量の急激な変化や左右で音量が異なったりするギャングエラーを抑制。ボリューム値の微調整を可能にした。

ヘッドホンアンプ部には、MAXIM社製「MAX13331」を採用。OCL(アウトプット・コンデンサー・レス)でコンデンサーによる音質への影響を抑制したという。最大出力は130mW×2(32Ω)に対応する。

基板は、ノイズに強い構造にするため、電源層・GND層を作成。さらに、基板の表面と裏面はベタアース基板とすることで、高周波ノイズの低減を図っている。それらを収める筐体には、アルミ押し出し材とアルミ削り出しを採用。剛性と重量により、振動が発生しにくい設計がされている。

背面部

接続端子は、アナログライン入力を1系統、ヘッドホン出力にφ6.5mmステレオ標準ジャック、スピーカー出力に金メッキマルチバインディングポストを装備する。

【問い合わせ先】
Amulech
TEL/0255-78-7870

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドAMULECH
  • 型番AL-502H
  • 発売日2016年7月1日
  • 価格¥29,700(税込)