オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新設計の28mmトゥイーター搭載

TANNOYのスピーカー“Mercury”に新世代「7 series」登場

編集部:伊藤 麻衣
2015年11月17日
エソテリック(株)は、TANNOYブランドより、スピーカー“Mercuryシリーズ”の新世代モデル「Mercury 7.4」「Mercury 7.1」「Mercury 7C」を12月1日から発売する。

■“Tannoy Mercury 7 series”
「Mercury 7.4」 ¥61,000(税抜・1台)
「Mercury 7.1」 ¥44,000(税抜・ペア)
「Mercury 7C」 ¥38,000(税抜・1台)

Mercury 7.4

Mercury 7.1


Mercury 7C

新世代となる“7 series”は、高磁束密度マグネットと特殊なニトロウレタンコーティングを採用した新設計の28mmトゥイーターを搭載。これにより、高域32kHzまでのワイドレンジに対応する。

さらに新たに設計されたウーファー磁気回路や、軽量/高剛性のマルチファイバーペーパーコーン、ロングストローク対応の新設計ラバーエッジを採用している。

クロスオーバーネットワークには、同ブランド独自のDMT防振コンパウンドを加え、リードワイヤーに銀を採用したカスタムフィルムコンデンサーや、低損失ラミネート鉄芯インダクターなどのオーディオグレードパーツを使用。

また、綿密な設計を施した内部ブレーシング(添木)とチャンバー構造により、堅牢性を向上させるとともに、カラーレーションの低減も図っている。ドライバー背面は、DMT防振コンパウンドを介して内部ブレーシングにも固定することで、ピストンモーションを安定的に支え、ダイナミクスを向上させているとアピールする。

端子部には金メッキ仕上げの大型スピーカー端子を採用しており、極太の高級スピーカーケーブルも接続可能だ。製品ごとの特徴は以下の通り。

「Mercury 7.4」

高磁束密度マグネットとニトロウレタンコーティングを採用した、28mmソフトドームトゥイーターを1基と、マルチファイバーペーパーコーンを採用した178mmウーファーを2基搭載する、ツインリアバスレフ式のフロア型スピーカー。

端子部はバイワイヤリング接続に対応。設置の安全性を高めるためスピーカーベースが標準装備されており、スパイクとスパイク受けも付属する。

推奨アンプ出力は20〜150W、能率は93dB、インピーダンスは8Ω、周波数特性は32Hz〜32kHz、クロスオーバー周波数は2.4kHz。本体サイズは314.3W×955H×308Dmm、質量は15kg。

「Mercury 7.1」

高磁束密度マグネットとニトロウレタンコーティングを採用した、28mmソフトドームトゥイーターを1基と、マルチファイバーペーパーコーンを採用した127mmウーファーを1基搭載する、リアバスレフ式のブックシェルフ型スピーカー。

背面には、市販のスピーカーブラケットに対応したマウント用ネジ穴が設けられ、壁掛け/天井吊りでの使用も考慮されている。

推奨アンプ出力は20〜80W、能率は87dB、インピーダンスは8Ω、周波数特性は53Hz〜32kHz、クロスオーバー周波数は3.4kHz。本体サイズは160W×270H×194.7Dmm、質量は2.7kg。

「Mercury 7C」

高磁束密度マグネットとニトロウレタンコーティングを採用した、28mmソフトドームトゥイーターを1基と、マルチファイバーペーパーコーンを採用した127mmウーファーを1基搭載する、ツインリアバスレフ式のセンタースピーカー。

推奨アンプ出力は20〜120W、能率は91dB、インピーダンスは8Ω、周波数特性は62Hz〜32kHz、クロスオーバー周波数は3.5kHz。本体サイズは420W×160H×167.3Dmm、質量は4.4kg。

【問い合わせ先】
エソテリック AVお客様相談室
TEL/0570-000-701
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドTANNOY
  • 型番Mercury 7.4
  • 発売日2015年12月1日
  • 価格¥61,000(税抜・1台)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドTANNOY
  • 型番Mercury 7.1
  • 発売日2015年12月1日
  • 価格¥44,000(税抜・ペア)
  • ジャンルセンタースピーカー
  • ブランドTANNOY
  • 型番Mercury 7C
  • 発売日2015年12月1日
  • 価格¥38,000(税抜・1台)

関連記事