オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DAC内蔵、イコライザーも装備

SHURE、初のポータブルヘッドホンアンプ「SHA900」

編集部:小澤 麻実
2015年10月22日
シュア・ジャパンは、SHUREブランドのUSB-DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「SHA900」を12月末に発売する。価格はオープンだが12万円前後での販売が予想される。

SHA900

SHA900の実機写真

デジタル入力とアナログ入力を備えたポータブルヘッドホンアンプ。同日に発表されたコンデンサー型イヤホンシステム「KSE1500」(関連ニュース)の開発にあたりアンプもできたので「せっかくだから、手持ちのイヤホン/ヘッドホンを組み合わせて使えるアンプがあったらいいのでは?」ということから誕生したモデルだという。

KSE1500のアンプ部と主要機能は同じだ

主要機能部は「KSE1500」のアンプ部と同様。出力インピーダンスを0.35Ωと非常に低く抑えているため、様々なヘッドホン/イヤホンと組み合わせても余計な色づけのない再生を実現できるとのことだ。出力は135mW+135mW(16Ω時)/95mW+95mW(42Ω時)。ゲインを-60dB〜+17dBの範囲で調節が可能。S/N比は最大107dB。ヘッドホンインピーダンスは6〜600Ωに対応する。

様々なインピーダンスのヘッドホン/イヤホンと組み合わせてもリニアな周波数レスポンスを実現可能という

ディスプレイは有機ELを採用

デジタル入力にはUSB micro-B端子を備え、PCはもちろん、iOS端末やAndroid端末とデジタル接続することもできる。microUSB to LightningケーブルおよびmicorUSB to OTGケーブルも同梱する。デジタル入力は最大96kHz/24bitのPCM音源に対応している。DSDの入力には非対応。

底面にはmicroUSB端子などを備える

microUSB to LightningケーブルおよびmicorUSB to OTGケーブルも同梱

アナログ入力は3.5mmステレオミニ端子となる。もちろんライン入力経由での接続も可能だ。

アナログ入力は3.5mmステレオミニ端子

4バンドのパラメトリックイコライザーはプリセットを5種類用意。またユーザーの好みに合わせてカスタマイズし、4つまで設定を保存することもできる。

本体左側には電源ボタンとホールドボタンを用意

SHA900の背面部

電源はリチウムイオン充電池で、アナログ入力(バイパスイコライザーモード)で20時間、USB入力(イコライザーモード)で10時間の連続使用が可能だ。また充電をUSB経由で行える。

筐体はクロムメッキ処理を施したアルミ製。外形寸法は59W×111H×21Dmm。質量は182gとなる。

そのほか、付属品として3.5mmケーブル2本(15.2cm/96.4cm)および6.3mmプラグアダプター、航空機用アダプター、アッテネーター、DAP等と重ねて使うためのセキュリティバンドを2本、マイクロファイバー製のクリーニングクロスも用意している。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドSHURE
  • 型番SHA900
  • 発売日2015年12月末
  • 価格¥OPEN(予想実売価格12万円前後)

関連記事