オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
密閉+開放型構成

パイオニア、実売25万円/高域85kHzまで対応の“超弩級”ヘッドホン「SE-MASTER1」

編集部:杉浦 みな子
2015年05月11日
オンキヨー&パイオニア イノベーションズ(株)は、“パイオニア”ブランドから、高域85kHzまで再生対応するフラグシップヘッドホン「SE-MASTER1」を5月15日に発売する。価格はオープンだが、25万円前後での実売が予想される。なお、16日・17日に開催される「春のヘッドフォン祭 2015」に出展される。

SE-MASTER1

SE-MASTER1製品

同社によれば開発期間に6年以上を費やしたという“超弩級”モデル。英国にある世界トップクラスの録音スタジオ“AIR Studios”のサウンドエンジニアとチューニングを行っており、同スタジオが求める品質の機器に与えられる認証「AIR Studios MONITOR REFERENCE」も取得している。製品は、日本国内で熟練マイスターが一台一台組み立てを行い、シリアルナンバーも刻印される。

型式を“オープンエアー型ダイナミック”としているモデルで、筐体の耳側にあたる前面を密閉型/外側にあたる背面を開放型としたヘッドホン。内部には、口径50mmのダイナミックドライバーを搭載する。ドライバーユニットは新開発で、PCC処理を施した暑さ25μmのアルミニウム振動板と、PEEK複合フィルムエッジを使用。ネオジウムマグネットも採用している。

ドライバユニット分解図

これにより、再生周波数帯域は5Hz〜85kHzと広帯域をカバー。特に85kHzまで対応する高域部については、PEEK複合フィルムエッジならではの過度特性によってキレのある再生を行うとしている。出力音圧レベルは94dB。最大入力は1,500mWで、インピーダンスは45Ω。

PEEK複合フィルムエッジ

また、ハウジングに高剛性のアルミニウム合金を使用し、金属部品を使ってドライバーユニットをベース部に強固に固定する“フルバスケット方式”で共振を抑制。さらに、ベース、ハウジング、ハンガーの連結部にゴム部材を挟む“フローティング構造”を採用することで、ドライバーユニットからの不要な振動も抑える構造とした。これらにより、左右のセパレーションも向上させている。

フルバスケット方式

フローティング構造

そのほか、頭部への側圧を調整できるアクセサリーとして、2種類の“テンションロッド”も同梱。製品には口径1.6mmのものが装着され、そのほかに口径2.0mmのものを同梱する。

2種類の“テンションロッド”も同梱

また、イヤーパッドは低反発ウレタンフォームを使用した幅広の三次元形状とすることにより、全体の装着性にも配慮している。また、ヘッドバンドとハンガー部には、航空機等にも使用される軽量で強度が高い素材“超ジュラルミン(アルミ合金)”を採用する。

イヤーパッドはは低反発ウレタンフォームを使用した幅広の三次元形状

付属ケーブルはOFCリッツ線で、布巻と無鉛PVC素材の2種類の被覆を使用している。長さは3.0m。プラグ形状は金メッキ製の6.3mmステレオ標準で、陽極酸化処理を施したアルミニウム削り出しケースを採用。リケーブルに対応しており、接続端子はMMCX。

リケーブル対応。端子はMMCX

本体質量は460g(ケーブル、テンションロッド含まず)。

なお本機はリケーブルに対応しているが、バランス接続を行えるようになるオプションケーブル「JCA-XLR30M」もSE-MASTER1と同時発売する。価格はオープンだが、こちらは3万円前後での実売が予想される。プラグ形状はXLR3で、2番がHOT、3番がCOLD。OFCリッツ線で、長さは3.0m。質量は168g。

JCA-XLR30M

【問い合わせ先】
パイオニアカスタマーセンター
TEL/0120-944-222
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPIONEER
  • 型番SE-MASTER1
  • 発売日2015年5月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格250,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:φ50mmダイナミック ●再生周波数帯域:5Hz〜85kHz ●出力音圧レベル:94dB ●最大入力:1,500mW ●インピーダンス:45Ω ●ケーブル長:3m ●プラグ:6.3mm金メッキステレオ標準 ●質量:460g(ケーブル、テンションロッド含まず)

関連記事