質量108g。バスレフ構造も投入

フィリップス、コンパクトな“ハイレゾ対応”ヘッドホン「F1」

編集部:杉浦 みな子
2015年05月12日
オンキヨー&パイオニア イノベーションズ(株)は、フィリップスブランドから、ハウジング内にバスレフ構造を採用する“ハイレゾ対応”ヘッドホン“Fidelio”「F1」を、5月下旬に発売する。価格はオープンだが、22,000円前後での実売が予想される。

F1

本体質量108gのコンパクトなヘッドホンで、折りたたむこともできる。内部には、口径40mmのネオジウムマグネット採用ドライバーを搭載。再生周波数帯域7Hz〜40kHzのワイドレンジをカバーしており、同社では“ハイレゾ対応モデル”としてアピールする。

また、ハウジング内にバスレフ構造を採用することにより、スリムな形状ながら低域の再現性も高められるようにした。インピーダンスは16Ω、感度は107dB。最大入力は150mWとなる。

そのほか、イヤーパッドに低反発フォーム、ヘッドバンドに高品質レザー、ハウジングにアルミニウムを採用し、装着性やデザイン性にも配慮した。ケーブルはインラインリモコン・マイク付き。製品にはキャリングポーチが付属する。

【問い合わせ先】
フィリップスオーディオサポートセンター
TEL/050-3388-6835

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPHILIPS
  • 型番F1
  • 発売日2015年5月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格22,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:φ40mmネオジウムマグネット採用ドライバー ●再生周波数帯域:7Hz〜40kHz ●インピーダンス:16Ω ●感度:107dB ●最大入力:150mW ●質量:108g

関連記事