オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
急激な為替変動、本国輸出価格上昇のため

ナスペック、PRIMARE製品を3月2日より値上げ及び製品カラー変更

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月30日
ナスペックは、同社が取り扱うPrimare(プライマー)ブランド製品を3月2日より値上げする。また、価格改定と同時に製品カラーの変更を行う。

CDプレーヤー「CD32」を370,000円から385,000円、プリアンプ「PRE32」を325,000円から350,000円にするなどの価格改定を実施。理由について同社は「急激な為替の変動、特に円安とスイスフラン、原材料高騰に伴う本国輸出価格の上昇のため」と説明している。

Primareの現行カラーであるチタンとブラックは3月2日の価格改定と同時に販売終了となり、新カラーであるチタン/ブラックとブラックを販売する。

現行カラーのチタンとブラック

新カラーのチタン/ブラックとブラック

なお、メディーアボード「MM30」と「Dac Board I22」、リモートコントロール「C33」、ネットワークプレーヤー「NP-30」、AVプリアンプ「SP33」、AVインテグレーテッドアンプ「SPA23」、BDプレーヤー「BD32 MKII」は、価格改定のみで、型番やカラーに変更はない。

■価格改定対象およびカラー変更製品


■価格改定対象製品(型番/カラー変更なし)

関連リンク

関連記事