オンキヨー伝統技術を投入

オンキヨー、スピーカー “D-77” シリーズに新モデル「D-77NE」− 30年目の第11世代機

2014/12/11 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オンキヨーマーケティングジャパン(株)は、新ブックシェルフスピーカー「D-77NE」を12月下旬に発売する。価格は175,000円(税抜・1台)。

D-77NE

“D-77”シリーズ30年目の新機種としてラインナップされるモデルで、11世代目の製品にあたる。内部ユニットに30cmノンプレスコーン型ウーファー、12cmシルクOMFコーン型スコーカー、4cmコンビネーションドーム型トゥイーターを搭載する3ウェイシステム。60リットルクラスの大容量キャビネットにより、開放的なサウンドを実現するとしている。再生周波数帯域は30Hz〜50kHzのワイドレンジをカバーする。

ウーファー部には、オンキヨーの振動板づくりにおける伝統技術を採用したノンプレスコーンを採用。軽量性と高剛性を高めているほか、素材固有のノイズを飛躍的に低減し、濁りや付帯音のないピュアなサウンドを再現するという。さらに、振動板にコルゲーションを付けることで強度も確保している。

トゥイーター部は、2.5cmアルミマグネシウム合金ドームと4cmバイオクロスコーンを組み合わせた複合型コンビネーションタイプのユニットを搭載する。スコーカー部は、シルク繊維と熱硬化性樹脂によるマトリクス構造をベースに独自開発された「シルクOMF(Onkyo Micro Fiber)」振動板を装備している。

なお各振動板には、振動した際に起こる反作用をしっかりと受け止めるための「アルミダイキャストフレーム」を採用している。また、トゥイーター用にはドイツWIMA社製フィルムコンデンサーを搭載。ネットワークはユニットごとに独立基板とし、コイル同士の磁束結合を回避するようにしている。クロスオーバー周波数は420Hz/3.2kHz。

キャビネットにはMDF材を6面に採用。内部には、オンキヨー製ギタースピーカー「D-TK10」でも採用されるギター工法独特の「力木(ちからぎ)」を適所に配置し、綿密なチューニングを施したという。そのほか、スピーカーターミナルにはバナナプラグ対応の真鍮削り出し金メッキターミナルを採用するなど、細部にわたって高音質設計を投入している。

本体サイズは380W×660H×380Dmm(サランネット、ターミナル突起部含む)で、質量は25.5kg。

【問い合わせ先】
オンキヨーオーディオコールセンター
TEL/050-3161-9555

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドONKYO
  • 型番D-77NE
  • 発売日2014年12月下旬
  • 価格¥175,000(税抜・1台)
【SPEC】●型式:3ウェイ・バスレフ型 ●使用ユニット:ウーファー…30cmノンプレスコーン型、スコーカー…12cmシルクOMFコーン型、トゥイーター…4cmコンビネーションドーム型 ●定格インピーダンス:6Ω ●最大入力:150W ●定格感度レベル:90dB/W/m ●定格周波数範囲:30Hz〜50kHz ●クロスオーバー周波数:420Hz、3.2kHz ●外形寸法:最大380W×660H×380Dmm(サランネット、ターミナル突起部含む) ●質量:25.5kg