オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
PLAYER IIはプリアンプ機能も搭載

ハイ・ファイ・ジャパン、Accustic ArtsのCDP「PLAYER II」とモノパワー「MONO II」

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月28日
ハイ・ファイ・ジャパンは、同社が取り扱うAccustic ArtsのCDプレーヤー「PLAYER II」とモノラルパワーアンプ「MONO II」を10月21日から順次発売している。各モデル共に「オーディオ・ホームシアター展2014」に出展されていたモデルが正式リリースされた格好だ(関連ニュース

■CDプレーヤー「PLAYER II」250万円(税抜)10月21日発売

「PLAYER II」

PLAYER IIは、192kHz/24bit DACを搭載し、独自技術“チューブハイブリッド”を採用したプリアンプ部を内蔵するCDプレーヤー。CDプレーヤー部は、「CD Pro2LF」駆動を採用。ドライブ中にマグネットでCDの位置を保持するクロームメッキ真鍮のクランパーを採用する。DAC部は、同軸デジタル/光デジタル/バランス/USBと4系統のデジタル入力を装備しており、192/24信号の入力に対応するほか、192/24アップサンプリング機能も備えている。出力はXLRバランスとRCAアンバランスを1系統ずつ装備し、固定もしくはボリュームをプッシュスイッチで選択し、プリアンプ機能を介して制御する。

■モノラルパワーアンプ「MONO II」260万円/ペア(税抜)11月21日発売

「MONO II」

MONO IIは、同ブランド初のモノラルパワーアンプ。出力は700W(2Ω)/500W(4Ω)/300W(8Ω)。動作はA級で、内部には12個のMOS FETトランジスターを搭載する。電源トランスには、電磁シールドケースに収納した1,200VAのトロイダルを採用。電源キャパシターは80,000μFの容量を確保する。

入力はXLRバランスとRCAアンバランスを備えており、スイッチで切替が行える。クロストークは111dB(1kHz)で、高調波歪は0.007%/4Ω,1kHz,100W負荷。SN比は-104dB。スピーカー端子はバイワイヤー/バイアンプ対応のWBTターミナルを備える。本体サイズは240W×350H×430Dmmで、質量は25kg。
新着記事を見る
  • ジャンルCDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドACCUSTIC ARTS
  • 型番PLAYER II
  • 発売日2014年10月21日
  • 価格¥2,500,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:同軸デジタル/光デジタル/バランス/USB ●出力端子:XLRバランス/RCAアンバランス
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドACCUSTIC ARTS
  • 型番MONO II
  • 発売日2014年11月21日
  • 価格¥2,600,000/ペア(税抜)
【SPEC】●出力:700W(2Ω)/500W(4Ω)/300W(8Ω) ●入力端子:XLRバランス/RCAアンバランス ●クロストーク:111dB(1kHz) ●高調波歪率:0.007%/4Ω,1kHz,100W負荷 ●S/N比:-104dB ●外形寸法:240W×350H×430Dmm ●質量:25kg

関連記事