オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
カンチレバーにはボロン無垢材を使用

オーディオテクニカ、シバタ針搭載MC型カートリッジ「AT33Sa」

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月16日
オーディオテクニカは、シバタ針を搭載したMC型カートリッジ「AT33Sa」を11月14日に発売する。価格は112,500円(税抜)。

AT33Sa

人気のAT33シリーズの新モデルで、シバタ針を搭載したのが大きな特徴のひとつ。情報量が多く、分厚い中低域再生が持ち味。「従来シリーズよりも暖かみのあるサウンドになっている」(開発担当・水野氏)とのこと。

シバタ針を搭載したことが最大の特徴。振動系の軽量化も実現した

カンチレバーにはボロン無垢材を使用している。また、振動系を軽量化。磁気エネルギーを飛躍的に高めたというネオジウムマグネットとパーメンジュールヨークや、高セパレーション&ワイドレスポンスなPCOCC採用デュアルムービングコイルを搭載。ボディは剛性を高めることに注力しており、VCモールドも不要振動を抑えるつくりとした。また外枠はアルミ製、上下は樹脂製とすることで共振点をずらしている。内部のバンパー(ブチルゴムを使用)も、固さや反発を振動系にマッチしたものに変更した。

AT33Saを実際にシェルおよびトーンアームと組み合わせてレコード再生を行っているところ

コイルインピーダンスは10Ω(1kHz)、針圧は1.8〜2.2g(2.0g標準)。垂直トラッキング角は23度、再生周波数範囲は15〜50,000Hz。

発表会の会場には別室が設けられ、B&Wの800 series Diamondのスピーカーシステム、および阿Qフェーズのセパレートアンプなどと組み合わせて、AT33Saのデモが行われていた。

会場では別室に本格的なシステムが用意され、AT33Saによるレコード演奏を試聴することができた

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルカートリッジ
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT33Sa
  • 発売日2014年11月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格112,500円前後)
【SPEC】●再生周波数帯域:15〜50,000Hz ●chセパレーション:30dB(1kHz) ●針圧:1.8〜2.2g(2.0g標準) ●コイルインピーダンス:10Ω(1kHz) ●カンチレバー:ボロン無垢テーパー ●垂直トラッキング角:23度 ●外形寸法:16.6W×16H×26.5Dmm ●質量:6.9g

関連記事