オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
マイ・ルーム・プロジェクト第1弾

ウィリアムス浩子の最新作はオーディオルームでの一発録り

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2014年09月16日

9月24日より発売される『MY ROOM side1』ウィリアムス浩子
Berkeley Square Musicは、ジャズシンガー、ウィリアムス浩子の最新アルバム『MY ROOM side1』を、タワーレコードをはじめとした全国のCDショップ、またはネット通販サイトにて9月24日より販売開始する。価格は1,500円(税抜)。

本作品はマイ・ルーム・プロジェクト作品の第1弾として登場した、5曲収録のミニアルバム。大きな特徴は、スタジオのような制約のないプライベートな空間で納得いくまで歌い込むため、オーディオルームでレコーディングを行っているということ。

全てのタイトルがギタリストである馬場孝喜とのデュオ編成での一発録り。録音時にはアンビエンス(雰囲気)用マイクも立て、小さな部屋ならではの響きも積極的に利用することで、クリアで生々しい音でありながら、どこか温もりや空気感、プライベート感の漂う、サウンドを狙っている。

ハイレゾ(192kHz/24bit)PCM録音や、電源からルームアコースティックの細部にもこだわったオーディオファン一聴の1枚となっている。ぜひともお楽しみいただきたい。


実際のレコーディングの様子。ギタリストの馬場孝喜とのデュオで、オーディオルームでの一発録りという前代未聞の収録が行われた

『MY ROOM side1』の特設ページも開設。下記URLよりアクセスしていただきたい
タイトル:『MY ROOM side1』
アーティスト:ウィリアムス浩子

1.Like A Lover
2.Again
3.Moon River
4.In My Life
5.Quiet Nights Of Quiet Stars(Corcovado)
5曲入りミニアルバム
Vocal/ウィリアムス浩子(Hiroko Williams)
Guitar/馬場孝喜(Takayoshi Baba)

関連記事