オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
安価で手軽にスピーカー自作に挑戦できるよう配慮

フォステクス、“かんすぴ”シリーズのSPユニット「P650K」&キャビネット「P650-E」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月12日
フォステクス カンパニーは、6.5cmフルレンジスピーカーユニット「P650K」(税抜1,100円)と、スピーカーボックス「P650-E」(税抜1,300円)を10月下旬に発売する。

手軽に自作スピーカーにトライできる“かんすぴ”シリーズの第三弾。6.5cmフルレンジスピーカーユニット「P650K」は、バナナパルプをベースに2つの異なる物性に調整した木材パルプを混ぜたコーン紙を使用。軽量ながら十分な剛性と損失を備えるという。またエッジはアップロール形状により高ストローク化を図り、材料には高損失な発泡ゴムエッジを使用している。

P650K

センターキャップはコーン紙と同じ材料を使用し、音色を統一。ボイスコイルボビンと直結し、メカニカル2way構造とすることで高域の再生帯域を拡張している。

再生周波数帯域はf0〜20kHz。インピーダンスは8Ωで、最大共振周波数は157Hz。出力音圧レベルは84dB/W(1m)。マグネット質量は74g。バッフル孔の寸法はφ60(Φ58)mmとなる。付属品として、木ねじ4個とワッシャー4個が用意される。

スピーカーボックス「P650-E」はバスレフ型のスピーカーボックス。ターミナル、内部配線コード、吸音材などは組み込み音質調整済みなので、フルレンジスピーカーを設置するだけで楽しめる。組み立ては、内部配線コードをスピーカーユニット端子に接続し、付属のネジでスピーカーユニットを取り付けるだけ。こちらも付属品として、木ねじ4個とワッシャー4個が用意される。

P650-E

P650-Eの背面部

P650Kと組み合わせたところ

関連記事