オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ラインナップはスピーカーケーブルとジャンパーワイヤー

シーエスフィールド、JORMA DESIGNの新旗艦ケーブル「JORMA STATEMENT」

ファイル・ウェブ編集部
2014年07月25日
シーエスフィールドは、JORMA DESIGN社の新フラグシップケーブル「JORMA STATEMENT」を本日7月25日に発売した。ラインナップはスピーカーケーブルとジャンパーワイヤー。どちらも受注生産で、納期は約1ヶ月。

JORMA STATEMENT

スピーカーケーブルは1.0mあたり210万円(ペア・税抜)で、0.5m追加ごとに42万円(税抜)で延長が可能。



ジャンパーワイヤーは4本1組で税抜47.8万円(0.15m)。0.1m追加ごとに19.6万円で延長が可能だ。

「JORMA STATEMENT」は、同社が「おそらく、今日製造することができる究極のケーブル」と訴求している最新フラグシップモデル。2006年に登場したフラグシップモデル「JORMA PRIME」以降、現在まで設計に取り組んで来たという。

特徴は、プラスとマイナスの構成を完全に分離することで、両極の距離に依存するインダクタンスやキャパシタンスの影響を大幅に減少させたこと。

誘電体は無色高純度テフロンで、導体は純度 99.999999%銅。導体構造はセラミックファイバーを芯にした多芯線構造。いずれも「JORMA PRIME」より純度や精度を向上させたものだ。

木製パーツは、「JORMA PRIME」に採用したウォルナットよりさらに高密度・高硬度の上質ウォルナット。シールディングは振動対策及びRFI/EMI除去の面からサイズ、マテリアル、編み方、製造方法に至るまで最適化を図ることで、振動を緻密にダンピングし、マイクロフォニック効果に対して的確な処置を行うことが可能になったという。

木製パーツは高密度・高硬度の上質ウォルナット。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーケーブル
  • ブランドJORMA DESIGN
  • 型番JORMA STATEMENT
  • 発売日2014年7月25日
  • 価格記事参照
【SPEC】●導体材質:純度 99.999999%銅(JORMA PRIMEの導体純度及び精度を向上)(酸素及び他の不純物を除去) ●導体構造:セラミックファイバーを芯にした多芯線構造(JORMA PRIMEの導体構造の精度を向上) ●シールド材質:錫メッキ銅(JORMA PRIMEのシールディング精度を向上)

関連記事