オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
テレビとの組み合わせも想定

ティアック、Bluetooth&DSD対応USB-DAC/プリメイン「AI-301DA」

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月05日
ティアック(株)は、ハイレゾ音源再生に対応したオーディオ機器“Reference シリーズ”の新モデルとして、「Reference 301シリーズ」を発表。USB-DAC「UD-301」、プリメインアンプ「AI-301DA」、スピーカー「LS-301」を3月中旬から順次発売する。本稿ではプリメインアンプ「AI-301DA」について紹介する。

AI-301DA(ブラック)

AI-301DA(シルバー)

AI-301DAはDSD対応のUSB-DAC機能を搭載するプリメインアンプで、3月中旬に発売する。価格はオープンだが、49,800円前後での実売が予想される。カラーはブラックとシルバーの2色。

USB-DAC機能は、最大で5.6MHz DSDおよび192kHz/24bitのPCM音源に対応する。バーブラウンの32bit DAC「PCM1795」を採用しているが、UD-301とは異なりシングルチップ仕様となる。USB入力はアシンクロナスモードに対応する。DSDの伝送方式はASIO2.1およびDoPをサポート。

AI-301DAの背面端子部

USB入力のほかに2系統のS/PDIF入力も備えており、同軸デジタル入力は最大192kHz/24bit まで、光デジタル入力は最大96kHz/24bitまで対応する。RCAステレオライン入力も2系統装備する。

さらにBluetooth機能も搭載しており、aptXコーデックもサポート。スマートフォンなどのBluetooth対応デバイス内に保存した音源を、Bluetooth経由で本機にワイヤレス伝送することができる。

パワーアンプ部にはICEpower製Class-Dアンプを採用しており、出力は40W+40W(4Ω)。内部には、入力信号を忠実に増幅するというHCOM(Hybrid feedback Controlled Oscillating Modulator)方式およびMECC(Multivariable Enhanced Cascade Control)フィードバックループを採用。ヘッドホン出力にはCCLC(Coupling Capacitor Less Circuit)を採用し、リニアリティの高い音楽再生を実現したとしている。

本体はファンレス設計としており、サイズは215W×61Hx258Dmm(突起部を含む)で、質量は2.1kg。アルミ製パネルを採用したシンプルなフルメタル筐体を採用している。音量調整はモータードライブ式のボリュームノブを使用した。

さらに本機はテレビと組み合わせての使用も想定しており、テレビと光デジタル経由で接続した場合、テレビの電源ONと合わせて自動的に本機も電源ONになる「オートパワーオン」機能も搭載している。

また、本機と同時発表のスピーカー「LS-301」と組み合わせることで、特にハイレゾ音源の緻密な音を表情豊かに描き出せるとのこと。加えて、小型の2.1chサブウーファーシステム「LS-WH01」とも組み合わせられるよう、サブウーファー・プリアウト端子も装備している。

【問い合わせ先】
ティアック(株) AV お客様相談室
TEL/0570-000-701
新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドTEAC
  • 型番AI-301DA
  • 発売日2014年3月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格49,800円前後)
【SPEC】●入力端子:USB、S/PDIF×2、RCAステレオライン×2 ●周波数特性:10Hz〜100kHz(-5dB) ●消費電力:38W ●外形寸法:215W×61H×258Dmm(突起部含む) ●質量:2.1kg

関連記事