オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
特許技術「Digital Antidote Plus」など採用

iFI-Audio、真空管式プリ兼バッファーアンプ「iTube」

ファイル・ウェブ編集部
2013年07月08日
(有)トップウイングは、iFI-Audio(アイファイ・オーディオ)の真空管式プリアンプ兼バッファーアンプ「iTube」を8月上旬に発売する。価格はオープンだが、41,790円前後での実売が予想される。

iTube

独自のダイレクト・チューブ・バッファ(真空管による緩衝増幅機能)を備え、アナログ・ボリューム・コントロールを備えた真空管プリアンプ。本体底面のディップスイッチで切り替えてボリューム回路をパスして固定出力とし、バッファーアンプとして使うこともできる。

ディップスイッチ切り替え式を採用

真空管にはゼネラル・エレクトリックの#5670を採用。様々な真空管をテストした中から選んだとのことで「iTubeよりはるかに高価な真空管プリアンプと比較しても、音質面で負けてはいない」としている。

入出力はRCAステレオ1系統のみ。アナログ音質を最優先にし、オン/オフのスイッチやセレクターを省略したという。

プリアンプ・モードで、バッファー・モード両方で通常のゲイン0dbだけでなく+6dB でも動作。6dBは、DockやアダプターケーブルにつないだiPod/iPhone、Astell&Kernのようなプレーヤーのラインアウト出力を上げるために使うなどといった利用法ができる。

独自の特許技術「Digital Antidote Plus(デジタル・アンティドート・プラス)」を搭載。DSPを一切用いることなく、アナログ領域で音を処理する回路で、ハイレゾやアップサンプリングの音源を波形レベルで整えることにより、「CDやDACなど一般のデジタル音楽ソースの“ きつさ”を除去し、単に楽しいという次元を超えた、もっと“ オーガニックで(自然で)アナログな”特性を加える」としている。

また、ヘッドホンアンプ「iCAN」(関連ニュース)にも搭載されている「3Dホログラフィック・サウンド・システム」も搭載。ボリュームには同社が「ピュア・アナログ・ボリューム・コントロール」と名付けた、高品位なものを採用しているという。

外形寸法は67Wx28Hx175Dmmで、質量が237g。入力インピーダンスは1MΩ(ダイレクト真空管バッファー)/100kΩ(プリアンプのボリューム・コントロール)、出力インピーダンスは1Ω以上。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドIFI AUDIO
  • 型番iTube
  • 発売日2013年8月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格41,790円前後)
【SPEC】●入力インピーダンス:1MΩ(ダイレクト真空管バッファー)/100kΩ(プリアンプのボリューム・コントロール) ●出力インピーダンス:1Ω以上 ●外形寸法:67W×28H×175Dmm ●質量:237g

関連記事