オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DP-400の後継機

アキュフェーズ、192/24音源再生対応のCDプレーヤー「DP-410」

ファイル・ウェブ編集部
2013年02月08日
アキュフェーズ(株)は、CDプレーヤー「DP-410」を3月下旬に発売する。価格は346,500円(税込)。

DP-410

DP-410の背面部

2008年に発売された「DP-400」の後継機となる一体型CD専用プレーヤー。CDトランスポート部とプロセッサー部は完全独立構成となっている。自社開発ドライブを搭載したこと、4個のΣΔ型D/Aコンバーターを4個並列駆動させる「MDS++方式」を採用したこと、USBを搭載し192kHz/24bitのハイレゾ音源再生にも対応したことが大きな特徴だ。

同社製CDドライブは、上位機種と同じアルミ削り出しトレーを採用。100Hz以下の共振点を最小限に抑えるべく、トラバース・メカニズムとCDドライブ本体を粘性ダンパーによりアイソレートしたことに加え、ドライブを低い位置に配置し、外部振動を最小限に抑える設計とした。また、大型ブリッジカバーはメカ・ベースにしっかり固定され、強固な一体化構造体となっている。

DP-410の内部構造

また、DP-400に引き続き「MDS++方式」を採用。TI製D/Aコンバーター「PCM1796」を4個並列駆動させることで高いパフォーマンスを実現するという。

さらに、USB端子(typeB)を搭載。最高192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生に対応するのも特徴となる。

デジタルオーディオインターフェースICには、旭化成エレクトロニクス社製「AKM4118」を採用。ジッターを低減するPLL回路を搭載しているため、マスタークロックのジッター量をDP-400比で6分の1にまで抑えることができるという。

筐体は、一体型外装ケースだったDP-400から刷新。上位機種で採用している、アルミサイドパネルとトッププレートによる3ピース構成とした。これにより耐振性を高めるとともに、デザイン性も向上させた。

デザイン面では、フロントディスプレイが蛍光表示管から7セグLEDとなった点も大きな変更点となっている。
新着記事を見る
  • ジャンルCDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドACCHUPASE
  • 型番DP-410
  • 発売日2013年3月下旬
  • 価格¥346,500(税込)

関連記事