オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

e-onkyo musicでDSD 5.6MHz音源の配信がスタート

ファイル・ウェブ編集部
2013年01月28日
オンキヨーエンターテイメントテクノロジー(株)は、同社が運営するハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」にて、DSD 5.6MHz音源の配信を1月28日より開始した。

現在配信されているDSD音源(2.8MHz)よりもさらに多くの情報量を収めているのが特徴。また、CDの128倍のサンプリング周波数、100kHzまでカバーする再生周波数帯域、可聴帯域内120dB以上のダイナミックレンジを確保しているとのこと。

DSD 5.6MHz音源は、現在TEAC「UD-501」やKORG「DS-DAC-10」、Myteck「Stereo 192-DSD DAC M」で再生することができる。

※CHORD「Qute HD」はDSD 5.6MHz再生非対応機でした。訂正してお詫びいたします。(1/29 19:12)

配信がスタートした音源は以下の通り。アルバム販売価格は5,000円、1トラックごとは500円となっている。

<MA Recordings>
Opening / Mathias Landaeus Trio (5.6MHz/1bit)
NAMA − 生 − / Puente Celeste (5.6MHz/1bit)
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 / 伊藤栄麻 (5.6MHz/1bit)

<2L>
Quiet Winter Night / HOFF ENSEMBLE (5.6MHz/1bit)
MOZART / Marianne Thorsen&TrondheimSolistene (5.6MHz/1bit)

<Saidera Records>
※「Saidera Records」の5.6MHz/1bit作品は1月30日より配信開始予定

関連リンク

関連記事