オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アシンクロナス転送対応。多彩な入出力端子を搭載

ラステーム、192/24 USB入力対応のDSP内蔵4ウェイ・チャンネルデバイダー

ファイル・ウェブ編集部
2012年08月03日
(株)ラステーム・システムズは、最大192kHz/24bitのデジタル入力に対応するチャンネルデバイダー「RCD-84」を8月6日に発売する。価格は231,000円(税込)。

RCD-84

RCD-84の背面端子部

DSPを内蔵する4ウェイのチャンネルデバイダー。

多彩な入出力端子を備えており、入力端子はUSB×1/光デジタル×2/同軸デジタル×2を搭載。いずれも192kHz/24bitの入力ソースに対応し、アシンクロナスモードを搭載している。USBにはXMOS社製のコントローラーを実装。出力端子はRCA×4/XLR×8/同軸RCAのS/PDIF×4を装備する。

クロックジッターを低減するため、高精度かつ常温偏差に優れるTCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載。アナログ部とデジタル部はデジタルアイソレーターで完全に分離することでデジタルノイズの干渉を抑える。USB部もデジタルアイソレートしており、PC側からの電源リップルノイズも遮断するという。

全高調波歪率は0.005%(20Hz〜20kHz)で、SN比は112dB。ダイナミックレンジは12dB。チャンネルセパレーションは109dB。

Windows XP/Vista/7では付属の専用ドライバーで動作し、ASIOにも対応。Vista/7 ではWASAPIも使用可能となる。MacではMac OS 10.6.3以降のOS標準ドライバーで動作する。

Windows XP/Vista/7からは、ゲイン調整、ミュート、位相反転、タイムディレイ、最大5パターンのフィルター特性などを細かく設定できる。作成したフィルター特性などは、BluetoothまたはUSB経由で本体に転送することができる。

本体フロントには320×240ドットのTFT液晶ディスプレイを搭載しており、入力サンプリングレートやレベルメーター表示が可能。画面の明るさも調整できる。

また、SMEV(Smoothing-Electrical-Volume)電子ボリューム技術により、ボリューム値の微調整が可能となる。

そのほか、本体には専用リモコンが付属。リモコンからは、本体に記憶したフィルター特性の切替え等の操作を行うこともできる。

本体サイズは420W×88H×260Dmm(突起部含まず)で、質量は約5,900g(本体のみ。付属品含まず)。

【問い合わせ先】
ラステーム・システムズ
TEL/0255-74-4124
新着記事を見る
  • ジャンルチャンネルデバイダー
  • ブランドRASTEME SYSTEMS
  • 型番RCD-84
  • 発売日2012年8月6日
  • 価格¥231,000(税込)
【SPEC】 ●入力端子:USB×1/光デジタル×2/同軸デジタル×2 ●出力端子:RCA×4/XLR×8/S/PDIF(同軸RCA)×4 ●全高調波歪率:0.005%(20Hz〜20kHz) ●SN比:112dB ●ダイナミックレンジ:12dB ●チャンネルセパレーション:109dB ●外形寸法:420W×88H×260Dmm(突起部含まず) ●質量:約5,900g(本体のみ。付属品含まず)

関連記事