オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
人気を博したハイCPモデル「CV-4」の後継

オーディオクエスト、最高設計要素を集約したミドルレンジスピーカーケーブル「GO-4」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月14日
マランツ コンシューマーマーケティングは、同社が取り扱う米AudioQuest社のミドルレンジスピーカーケーブル“4シリーズ”「GO-4」を4月より発売する。サイズ別に2種類を用意しており、2mモデルが61,000円(税込)、3mモデルが72,000円(税込)での販売となる。


GO-4

GO-4は、スペクトル拡散技術、パーフェクト・サーフェス金属学、ダイエレクトリック・バイアス・システム(DBS)など多くの革新的設計技術が組み込まれた同社の人気モデル「CV-4」の後継モデルとなる。今回、オーディオクエストの一連の最高設計要素を集約させながら、外観をブラッシュアップし、新たにGO-4としてリリースされるかたちだ。

導体には、銅素材で最上位のパーフェクト・サーフェス・カッパー・プラス(PSC+)を4本使用し、全てがソリッドコンダクターとなる。内部配置はスター・クアッド構造配置で、2種類芯線のSSTハイパーリッツ構造を採用。絶縁体は、窒素注入発砲PEとカーボン・ローテッドPEから構成された高度絶縁材料を組み合わせており、外来ノイズが入った場合もカーボンが熱変換することで、芯線まで通さないよう工夫されている。

ターミネーションはスペードとバナナの2仕様で、導体とプラグの接合は冷間溶接によるもの。DBSは、72V DBSを組み込んでいる。


72V DBSを搭載
なお同社によれば、本ケーブルは同社の技術を集約したモデルとして、ミドルレンジの現行モデル「Gibraltar(ジブラルタル)」の頭文字Gと、今年のCESで発表された上位モデル“Treeシリーズ”「OAK(オーク)(関連ニュース)」の頭文字Oを合わせ、“4シリーズ”の最新モデルとしてGO-4の名が付いたという。

【問い合わせ先】
マランツ コンシューマーマーケティング
お客様ご相談センター
TEL/03-3719-3481
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーケーブル
  • ブランドAUDIOQUEST
  • 型番GO-4
  • 発売日2011年4月
  • 価格¥61,000(税込・2m)〜
【SPEC】 ●導体:PSC+ ●DBS:72V DBS ●配置:スター・クアッド構造配置 2種類芯線SSTハイパーリッツ構造 ●ターミネーション:スペードとバナナの2仕様

関連記事