オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
最上位は16,000ドル/6フィート

【CES】オーディオクエスト、最新スピーカーケーブル「Treeシリーズ」4製品を発表

季刊オーディオアクセサリー編集部:浅田陽介
2011年01月09日
アメリカ国内でも最大の規模を誇るケーブルブランド、オーディオクエスト。2011 International CESでは、同社の最新シリーズとなる「Treeシリーズ」が発表された。

Treeシリーズを構成するラインアップは全4種類。下位モデルからソリッドPSCコンダクターを採用した「Oak」(1,940ドル/6ft)、ソリッド6 X PSS/10 X PSC+コンダクターを採用した「Redwood」(4,100ドル/6ft)、ソリッド12 X PSSシルバー/4 X PSC+コンダクターを採用した「Wildwood」(9,100ドル/6ft)、ソリッドPSSシルバーコンダクターを採用した「WEL Signature(16,000ドル/6ft)が用意されている。

シリーズ最高峰にあたる「WEL Sigmature」

シリーズ中核を担う「Wildwood」


バナナプラグに対応するモデルではシリーズトップとなる「Redwood」

シリーズエントリーに位置する「Oak」

これらは全モデル共通で72V DBSシステムを採用しているほか、ダブルカウンター・スパイラルジオメトリーを採用する。また、上位2モデルに当たる「Wildwood」と「WEL Siginature」の端子部はWELシグネチャースペードと呼ばれるハイグレードなものが採用され、さらなる高級感を持つ仕上がりとなっている。

同社のブースでは、ケーブルメーカーとしては極めて珍しくスタジオマスター音源を採用したデモも行われており、この事からも現地での人気がうかがえる。

関連記事