オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
価格は従来モデルと同じ

ハーマン、ゼブラウッドフィニッシュのJBL「K2 S9900 ZW」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年05月25日

「Project K2 S9900 ZW」
ハーマンインターナショナル(株)は、米JBLのスピーカー新モデルとして「Project K2 S9900 ZW」を5月末に発売する。価格は1,924,500円(1本/税込)。

2009年2月に発売した「Project K2 S9900」をベースに、仕上げをゼブラウッド・フィニッシュに変更したモデルで、昨年のインターナショナルオーディオショウでも出展されていた(関連ニュース)。価格や仕様等は従来のマホガニー仕上げのものと同等となる。

S9900にはJBL創立60周年記念モデルの「EVEREST DD66000」の技術が多く採り入れられており、デザイン面でもDD66000を想起させるディテールを備えている。エンクロージャーは、DD66000と同じ積層エンクロージャーおよびブレイシング手法を採用。平面部分はすべて25mm厚のMDFが用いられている。

搭載しているユニットは380mm径のパルプコーン・ウーファー(1500AL-1)、100mm径のマグネシウム・コンプレッションドライバー(476Mg)+ホーン、そして25mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー(045Be-1)+ホーンの3基。周波数特性は33Hz〜 50kHz(-6dB)。

ネットワークは4個の独立したボードで構成され、クロストークを避けるため、エンクロージャーの異なる位置に配置している。またインダクターに空芯コイルを、キャパシターにポリプロピレンフォイル製コンデンサーを採用するなど、電気部品も高品位なものを採用している。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドJBL
  • 型番Project K2 S9900 ZW
  • 発売日2010年5月末
  • 価格¥1,924,500(1本/税込)
【SPEC】●形式:3ウェイ3スピーカー ●ユニット:380mm径パルプコーン・ウーファー(1500AL-1)、100mm径マグネシウム・コンプレッションドライバー(476Mg)+ホーン、25mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー(045Be-1)+ホーン ●周波数特性:33Hz〜50kHz(-6dB) ●能率:93dB(2.83V@1m) ●クロスオーバー周波数:900Hz/15kHz ●仕上げ:ゼブラウッドフィニッシュ ●外形寸法:560W×1,217H×350Dmm ●質量:81.6kg

関連記事