オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ヤマハ、音質を追求したステレオプリメイン&SACDプレーヤを発売 − Soavoに続く本格オーディオ第2弾

2007年10月11日

ヤマハは、ハイグレードなオーディオシステムの新製品として、ステレオ・プリメインアンプ「A-S2000」とSACD/CDプレーヤー「CD-S2000」を12月中旬より発売する。

■プリメインアンプ A-S2000 208,950円(税込)


A-S2000

背面端子部
全段バランス伝送、独自の「フローティング&バランス・パワーアンプ」を採用したステレオ・プリメインアンプ。

ノイズなど外乱の影響を受けにくい、入力〜出力間の全段完全バランス増幅を実現。同じく完全バランス伝送方式を採用したCD-S2000との組み合わせにより、D/Aコンバーター出力からスピーカー端子まで、理想的な信号伝送を実現する。

また、同社独自の「フローティング&バランス・パワーアンプ」を初めて採用。出力段の+側と−側に同一極性の出力素子を採用するとともに、NFBや電源供給も左右チャンネルそれぞれの+側と−側を完全独立させることで、出力段におけるスピーカードライブ(駆動)の完全対称化を実現している。


A-S2000

本体前面の操作スイッチが特徴的
プリ部は、全段バランス伝送を実現するため、フォノイコライザーとヘッドホンアンプを除くすべてのオーディオ回路をバランス化。ラインアンプにもボリューム/トーン回路にもバランス構成を採用し、XLRバランス入力端子からスピーカー端子直前までの全段バランス伝送化を達成している。ヘッドホンアンプはフルディスクリート構成による低インピーダンス駆動型としている。なお、不平衡RCA入力およびフォノイコライザーからの出力については、内部でアンバランス〜バランス変換を行い、後段のバランス回路に伝送する。

電源部は、フローティング&バランス・パワーアンプ用に、グラウンドから完全にフローティングされた計4基(左右各チャンネルの+側および−側用)の大容量パワーサプライを搭載。また、コントロールアンプなどの小電力回路には電流変化に伴う音質劣化を防ぐ計12基のシャント方式ローカルレギュレーターを採用し、各部にクリーンで安定した電流供給を実現しているという。またパーツは厳選した大型電源トランスやカーボンシース・ブロックケミコンなどを採用している。


トランス

スパイクはパッドを装着して隠すこともできる
さらに本機は、セパレートアンプに匹敵する左右分離度を追求し、完全対称コンストラクションを採用。本体中央を前後に貫くセンターフレームにより高い剛性を実現したほか、脚部には接地を安定させ、外部振動に対して優れた効果を発揮する、スパイク/パッド選択式の特製レッグを装着している。

外装仕上げにはシルバーヘアラインのフロントパネルとナチュラルバーチのサイドウッド(天然木全面突板仕上げ)を組み合わせた(S)シルバーと、ブラックヘアラインのフロントパネルとダークブラウンのサイドウッド(天然木全面突板仕上げ)を組み合わせた(B)ブラックの2種類を用意している。

ともにブラックモデルを用意

Soavo-1と組み合わせたシステム

A-S2000(左)とCD-S200のリモコン


■SACD/CDプレーヤー CD-S2000 176,400円(税込)


CD-S2000

背面にバランス出力を装備
A-S2000とのマッチングを図った全段バランス伝送を採用したSACD/CDプレーヤー。

高精度D/Aコンバーターを+側、−側にそれぞれ1基ずつ用いることで変換精度を2倍に向上させる、差動方式D/AコンバーターをL、R独立で搭載。この+側と−側の出力はそれぞれ独立したローパスフィルターに入力され、それ以降出力端子までの全段をバランス伝送化している。

メカニズム部には、CDドライブおよびローディング機構をしっかりと支える新開発のサイレントローダーを採用。CDメカニズムには信頼性の高いブラシレス・スピンドルモーターなどを投入している。また、アルミニウムによる高剛性ディスクトレイなどを採用し、高級感のあるデザインを実現している。

電源部は、オーディオ系とデジタル系に独立した別々のトランスを採用し、デジタル回路からオーディオ回路へのノイズの影響を排除するセパレート・パワーサプライとしている。オーディオ系には磁束漏洩が少なく安定した電源供給が可能なトロイダルトランスを採用。左右チャンネルそれぞれに専用の巻き線を持ち、それ以降の定電流回路も左右独立とすることで、優れたセパレーション特性を追求している。


CD-S2000

トランスはデジタル/アナログで分離

ディスクトレイは非常に薄い
また本機は、本体ディスプレイを消灯するとともにデジタル出力回路も停止し、アナログ音声出力の最高品位が得られるピュアダイレクトモードを装備している。

筐体は、ディスクドライブを本体中央に配置した、高剛性設計の対称コンストラクションを採用。向かって右サイドにオーディオセクション、左サイドに電源セクションを配置した余裕のあるレイアウトと優れた重量バランスにより高音質を追求しているという。また脚部にはA-S2000と同じく、接地を安定させ外部振動に対して高い効果を発揮する、スパイク/パッド選択式の特製レッグを装着。

外装仕上げはA-S2000と同様に、シルバーとブラックの2種類を用意している。

【問い合わせ先】
ヤマハ株式会社 AVお客様ご相談センター
TEL/ 0570-01-1808

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドYAMAHA
  • 型番A-S2000
  • 発売日2007年12月中旬
  • 価格¥208,950(税込)
【SPEC】●定格出力(20Hz〜20kHz、0.02%THD):90W+90W/8Ω、150W+150W/4Ω ●実用最大出力(JEITA):120W+120W/8Ω、190W+190W/4Ω ●音声入力:6系統(XLR1、RCA4、フォノ〔MM/MC〕1) ●音声出力:2系統(プリアウト1、レックアウト1) ●消費電力:220W ●外形寸法:435W×137H×465Dmm ●質量:22.7kg
  • ブランドYAMAHA
  • 型番CD-S2000
  • 発売日2007年12月中旬
  • 価格¥176,400(税込)
【SPEC】●再生メディア:音楽用SA-CD、CD、CD-R/RW(MP3、WMA再生可) ●周波数特性:2Hz〜50kHz(SA-CD)、2Hz〜20kHz(CD) ●高調波歪率:0.0017%以下(SA-CD)、0.002%以下(CD) ●ダイナミックレンジ:110dB以上(SA-CD)、100dB以上(CD) ●SN比(JEITA):116dB以上(SA-CD、CD) ●音声出力端子:光デジタル1、同軸デジタル1、アナログXLR(バランス)1、アナログRCA1 ●消費電力:25W ●外形寸法:435W×137H×440Dmm ●質量:15.0kg

関連記事