木曽興業、ガラス繊維層を用いたfo.Qシリーズのハイエンドスペーサーを発売

2007/01/25
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

G-53F
木曽興業(株)は、オーディオアクセサリー「fo.Q」シリーズの新製品として、独自の高分子ハイブリッド型制振材を積層し、内部にガラス繊維層を加えて複合加工した、最新素材採用のハイエンドスペーサー「G-53F」を2月7日に発売する。価格は4枚入で4,725円(税込)。

製品のサイズはアンプやプレーヤーの底面に敷く制振材としても最適な、直径50mm・厚さ3mm。機器の不要振動の吸収に対しても高い性能を発揮し、音の濁りや歪みを取り除いて冴えのあるクリアな音質を実現している。


リバーシブルで2種類の音質が楽しめる
材料内部にガラス繊維層を加えることにより圧縮強度が大幅に高まり、20kg/枚耐荷重を実現している。3種の高分子ハイブリッド型制振材と、ガラス繊維層の積層構造を非対称としたことで、リバーシブルで2種類の音質が楽しめる。

黒色面を上側にした際には制振性能が高まりシャープなサウンドが、反対にグレーの側を上にして使う際には響きが豊かで明るいサウンドが楽しめるようになるという。

【問い合わせ先】
木曽興業(株)
TEL/03-3437-6133

(Phile-web編集部)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック

新着記事を見る
  • ブランドfo.Q
  • 型番G-35F
  • 発売日2007年2月7日
  • 価格¥4,725(4枚組・税込)