オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

秋の注目オーディオショウ、本日開幕

2002年09月20日
2002 東京インターナショナルオーディオショウには開幕前から行列が。音元出版のブースにもぜひお越し下さい!
●「ハイエンドショウ トウキョウ2002」、「インターナショナルオーディオショウ2002」と、オーディオファン注目のビッグイベントが本日開幕した。「インターナショナルオーディオショウ2002」の会場となる東京国際フォーラムには、午前10時の開幕前からたくさんのオーディオファンが列をつくり、初日から大変な盛り上がりを見せている。イベント開場B1フロアでは小社刊行の各誌・最新刊が手に入る。こちらもぜひ足をお運びいただきたい。

Phile-webでは、9月20日から開催されている2つのイベント、「ハイエンドショウ トウキョウ 2002」「2002 東京インターナショナルオーディオショウ」の特集ページを設けている。各イベントのブース紹介や見どころはもちろん、会場から試聴レポートやインタビューなどを随時アップして行くのでお楽しみに!

<「インターナショナルオーディオショウ2002」注目の各イベント紹介-その1->

●ジャパンエナジー(ACROTEC)のブース=G503は、金子英男先生による講演が3日間行われる。時間は13時〜14時(全日)、15時〜16時(全日)、17時〜18時(20日・21日のみ)。

●アブサートロンのブース=G508のイベントは著名評論家各氏の講演が目白押し。20日16:30〜17:30藤原陽祐氏、21日14:00〜15:00菅野沖彦氏、22日13:00〜14:00朝沼予史宏氏、15:30〜16:30柳沢功力氏

●ラックスマン(株)=G408のイベントは多彩だ。A〜Dのパターンで繰り返し行われるので、要チェック。内容は以下のとおり。
A・ついに登場!ユニバーサルプレーヤーでDU-7で構築するハイフォーマットメディアのスタンダードシステム。試聴機器:DU-7、C-8f、M-8f×2、JBL Project K2 S9800×2。時間:10:30〜、14:30〜
B・今、再提案する高品位で高純度なアナログディスク再生環境(フォノアンプE-1)。試聴機器:アナログプレーヤー、E-1、C-8f、M-8f×2、JBL Project K2 S9800×2。時間:11:30〜、15:30〜(最終日はリクエストタイム)
C・超ド級ワンボディセパレート・プリメインL-509fSEの実力を徹底検証。試聴機器:DU-7、L-509fSE、JBL Project K2 S9800×2。時間:16:30〜
D・マルチチャンネル・コントロールCA-7(参考出品)とB&W 801 4本で聴く新世代のピュアオーディオ・マルチ。試聴機器:DU-7、CA-7、M-8f×2、B&W Nautilus801 4本。時間:17:30〜

●日本マランツ=G510のイベントはオーディオ評論家・傅信幸氏による講演。20日18:00〜19:00、21日18:00〜19:00、22日13:15〜14:15。

●レコトン・ジャパン・インク=G509のイベントは2つ。まずは、NHTの新フラッグシップEvolutionの5.1chシステム試聴は21日13:00〜14:00小原由夫氏、22日16:00〜17:00潮晴男氏。もうひとつは、MAGNATのシリーズ最高峰のシステムVintage990を初公開する。21日16:00〜17:00潮晴男氏、22日11:00〜12:00小原由夫氏。

●アブサートロン=G508のイベントは講演を3日間行う.20日16:30〜17:30藤原陽祐氏、21日14:00〜15:00菅野沖彦氏、22日13:00〜14:00朝沼予史宏氏、15:30〜16:30柳沢功力氏。

●ステラヴォックスジャパン=G409のイベントは盛りだくさんだ。オーディオ評論家各氏による「ハイエンドオーディオ」と「ハイエンドホームシアター」の競演となる。
「ハイエンドオーディオ」は、20日16:30〜楢大樹氏。21日13:00〜菅野沖彦氏。21日14:30〜柳沢功力氏。21日16:00〜朝沼予史宏氏。22日11:00〜傅信幸氏。による「ハイエンドホームシアター」、22日14:15〜石原俊氏。「ハイエンドホームシアター」は、20日18:00〜/21日11:00〜/22日15:30〜小原由夫氏、堀切日出晴氏。21日18:00〜藤原陽祐氏。13:00〜麻倉怜士氏。

●アクシス=D501のイベントはブランドごとに視聴説明が行われている。
lumenwhite/FMは、20日12:00~13:00、21日14:00~15:00、22日12:00~13:00。LAT/Krell Xは、20日14:00~15:00、21日12:00~13:00。
加えて、評論家による講演は3つ。まず、小原由夫氏による「クレルとメリディアン〜ハイエンド・オーディオシアター」。時間は20日16:00~17:00、21日16:00~17:00、22日14:00〜15:00。また、柳沢功力氏による「FMで聴くルーメンホワイトの魅力」。時間は20日18:00〜19:00、21日10:00〜11:00。そして、三浦孝仁氏による「クレルの世界 LAT/Krell」。21日18:00〜20:00、22日11:00〜12:00

<インターナショナルオーディオショウ2002>
■主催:輸入オーディオ協議会
■運営:東京インターナショナルオーディオショウ実行委員会
■協賛:社団法人日本オーディオ協会/各オーディオ専門誌/全国有名オーディオ店
■輸入オーディオ協議会20周年記念特別講演
 9月20日(金)14時〜16時 Dブロック 7階 ホールD
 菅野沖彦氏、貝山知弘氏、柳沢功力氏、藤岡誠氏
■会場:東京国際フォーラム 〒100-0005 東京都千代田区丸ノ内三丁目5番1号
●JR線「東京駅」より徒歩5分(京葉線・東京駅と地下1階コンコースにて連絡)
●JR線「有楽町駅」より徒歩1分
●地下鉄有楽町線「有楽町駅」と地下1階コンコースにて連絡

<ハイエンドショウ トウキョウ2002>
■場所
 東京、有楽町駅前「東京交通会館」3Fグリーンルーム
■開催日時  9月20日(金)13:00〜20:00 
 9月21日(土)10:00〜18:00
■入場料  無料
■参加メーカー  エイ・アンド・エム株式会社
 コンバックコーポレーション
 シャープ株式会社
 株式会社トライオード
 株式会社ハイファイジャパン
 株式会社ワイツー
 アイシン高丘株式会社

■ アクセス
  JR: 有楽町駅前(京橋口、中央口・銀座側)
地下鉄: 有楽町線/有楽町駅直結 (出口A8)
丸ノ内線・日比谷線・銀座線/銀座駅(出口C9)
   
■ お問い合わせ先
  Hi-End Show Tokyo 2002実行事務局:info@hi-endshow.jp
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-8 東京経営管理協会内
TEL:03-3661-9364 / FAX:03-3661-9365





(Phile-web編集部)

関連記事