2018年11月に発売された最新モデル
オーディオにとって理想のアース環境を用意することは容易なことではないが、オーディオ機器へ接続するだけでシャーシ電位を下げ、ノイズ抑制と安定動作を実現させる驚異的な効果をもたらすアクティブアースとして登場以来評価の高まっている、テロス・オーディオ・デザインのGrounding Noise Reducer( 以下、GNR)。そのGNRが“3.1”へと進化し、2018年11月に発売された。今回、岩井氏がGNR 3.1を自宅のリスニングルームで試聴を行なったため、その効果についてレポートをお届けしたい。
[2018年12月21日]
純粋に美しい楽曲を再生するのに最適
一旦は生産が完了したTANNOY「Autograph mini」が、装い新たに“GR”として復活!小型ながら持つ喜びとTANNOYらしさを身に纏った、新スピーカーシステム「Autograph mini/GR」をレビューする。
[2018年12月21日]
SA-12連続レポート<その3>
前回の記事にて、SA-10/SA-12のオリジナルDACの詳細についてマランツの技術陣から話を聞いた。その際に、SA-10を開発する過程で生まれたという試作機が存在したことが明らかになった。マランツのオリジナルDAC開発の過程を示す興味深いこの試作機について、引き続き山之内氏がレポートする。
[2018年12月21日]
【特別企画】使い勝手も音質も間違いのない完成度
GLIDiCがこの秋冬に投入してきたのが、さらなる高みを目指した完全ワイヤレスハイエンド「Sound Air TW-7000」、そして様々な工夫で使いやすさを追求したカジュアルなネックバンド型「Sound Air WS-5100」。この2モデルを詳細にレビューしていく。
[2018年12月21日]
SQ-N150/D-N150
ラックスマンから、小型でインテリア性も備えた真空管オーディオの第二世代モデル「Neo Classico II」が11年振りに登場。真空管がもたらす音楽性と美しいデザインを両立するプリメイン「SQ-M150」とCDプレーヤーの「D-N150」の両機をレビューする。
[2018年12月20日]
【特別企画】手厚い補償で購入後も安心
M-SOUNDSから、従来モデルより使い勝手を向上させたという完全ワイヤレスイヤホン「MS-TW2P」が登場。VGP2019も受賞した本機を、高橋敦氏が使用して確かめた。
[2018年12月20日]
【特別企画】映画やドラマだけじゃない!
ビューソニックから発売されたプロジェクター「PX727-4K」は、4K/HDR対応であり非常に手頃な価格を実現していることからも話題だが、もう一つ注目すべきポイントはアニメにオススメできるということだ。
[2018年12月19日]
【特別企画】ハイレゾも圧縮音源も高品質に楽しむ
KORGが長年注力してきた技術・機能がまさに “てんこ盛り” の1台、「Nu I」の実力を確かめた。
[2018年12月19日]
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
香港のイヤホンブランド「FAudio」が展開する、ダイナミック型ドライバー搭載ユニバーサルイヤホン「Major」。久々に感じたレベルの大きな驚きを与えてくれた、僕好みにドンズバなMajorをレビュー。ひたすら賞賛します。
[2018年12月19日]
「Broadway/S」「Formula S」
XI AUDIOの新型DAC&ヘッドホンアンプを創設者シャオ氏の解説を交えつつ一斉レビュー。
[2018年12月18日]
“2000Ti”シリーズ3モデルを連続試聴
2018年10月登場のオーディオテクニカ“2000Tiシリーズ”を小原由夫氏が連続試聴。第2回目となる今回はカナル型イヤホン「ATH-CK2000Ti」とインイヤー型イヤホン「ATH-CM2000Ti」についてレポートする。
[2018年12月18日]
8年を掛けて到達した新トップエンド
ゾノトーンの新たなフラグシップとして登場した、待望の新世代ケーブル「7NAC-Shupreme X」シリーズの実力を確かめてみたい。
[2018年12月18日]

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページ