<山本敦のAV進化論 第148回>
この秋発売された注目の有機ELディスプレイ搭載スマホ「iPhone X」と「Galaxy Note 8」。その画質を見比べてみた。
[2017年11月07日]
注目の「ブラック・ラベル」最新モデルの核心に迫る
モバイルでもDSDネイティブ再生を実現し人気を獲得したnano iDSD。その後継機に位置する「ブラック・ラベル」モデル、nano iDSD Black Labelがついに発売された。コンパクトなボディに凝縮されたさまざまな注目の技術について、本国から届いたテクニカルレポートをお届けする。
[2017年11月06日]
【PR】新モデルのラインナップを整理
JVCはヘッドホン/イヤホン関連の魅力的な新製品を一気に発表。これら新製品群の技術的特徴、それぞれの位置づけの違いなどを改めて整理したい。評論家・野村ケンジ氏による音質傾向ファーストインプレッションもお届けする。
[2017年11月06日]
様々な処理を行い検証
アップル「iPhone X」を自腹で購入し、使い始めて数日が経った。点だけ気になっていたのが、本体の熱だ。現在は裸で運用しているのだが、iPhone 7より温かく感じるのだ。赤外線で物体の温度を測る温度計を使い、iPhone XとiPhone 7の温度を比較してみた。
[2017年11月05日]
AV機能を中心に検証
本日11月3日、いよいよアップル「iPhone X」が発売された。iPhone 10周年を記念したモデルであり、ホームボタンさえなくして革新を図ったモデルだ。果たしてその完成度とはどの程度なのか。購入した実機で、ファーストインプレッションに近いミニレビューをお届けしよう。
[2017年11月03日]
話題のコンパクトDAPの駆動力はいかに?
Lotooの超コンパクトハイレゾDAP「PAW Pico」を初めて見た時、軽量・小型なサイズに満載された機能性の高さに衝撃を受けた。しかも実際に使ってみるとその小型さからは想像できないサウンドの存在感、音質の良さに2度驚かされたのである。ヘッドホン出力はφ3.5mmステレオ・シングルエンド端子のみであるが、様々なイヤホン/ヘッドホンに対し、果たしてどれだけの実力を持つのか、極端な例を含めて実験してみた。
[2017年11月02日]
【特別企画】ヘッドホン祭で聴ける! 岩井喬がブランドを紹介
バリュートレードがアメリカ西海岸のハイエンドオーディオブランド「Light Harmonic」と、そのサブブランド的な存在である「LH Labs(以下、LHラボ)」の取り扱いを始めることとなった。
[2017年11月02日]
海上忍のラズパイ・オーディオ通信(37)
ラズパイ・オーディオにおけるUSB周りのノイズ対策&S/N改善のため、金属ケース使用とUSBブート化を試す。micro SDを音源保存用に使うことで誰もが実感できる音質効果を実現した。
[2017年11月01日]
1万円前後で探している方におすすめ
Shure初のBluetoothイヤホンから、入門機として発売される「SE112 Wireless 高遮音性イヤホン」をレビューする。
[2017年10月31日]
【特別企画】評論家・高橋敦が音質に迫る
HIFIMANから、同社のフラグシップインイヤーモニター(IEM)「RE2000」とユニバーサルIEM「RE800J」が発売された。独自の「トポロジーダイヤフラム」を採用する両機の技術的特徴や音質傾向はどうなっているのか? 注目機の実力に評論家の高橋敦氏が迫った。
[2017年10月30日]
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
引越しに伴い、デクストップオーディオ環境を再構築。今回は小学校の頃使っていたあの“学習机”を使って、最小限のサイズでシステムを組んでみました。
[2017年10月27日]
初代「K550」も所有する野村ケンジがレビュー
今月AKGから発売された「K550MKIII」。発売から長らく人気を保ち続ける密閉型ヘッドホンが、ケーブル交換対応となってリファインしたモデルだ。メンテナンスが容易になったほか、アップグレードケーブル「C200」にも対応し、従来モデルよりチューニングを突き詰めることも可能となった。 今回当サイトでは、前後編に分けてこのニューモデルのポテンシャルをチェック。後編ではアップグレードケーブルを装着した「K550MKIII」を野村ケンジ氏がレビューする。
[2017年10月26日]

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ