ねぇClova、 東京タワーまでの行き方を教えて

Clova Auto、カーナビゲーションに対応。対応アプリは2019年夏に

編集部:平山洸太
2018年10月15日
LINE(株)は、車とAIアシスタント「Clova」を連携させるサービス「Clova Auto」にナビゲーション機能を統合したスマートフォンアプリケーションを2019年夏に提供すると発表した。


ナビゲーション機能は、トヨタ自動車(株)が2017年より導入をした、クラウドによる高精度なビックデータを活用したナビゲーション基盤を使用する。このシステムでは、ビックデータにより道路状況を予測し、より短時間で到着する最適なルートを探すことができる。

このアプリを用いることで、従来のClova Autoでの「ドライブをしながら家の電気を消す」「目的地の天気を調べる」「LINEメッセージの送受信」といった機能に加えて、「目的地検索」「カーナビゲーション」が利用できるようになる。これにより「ねぇClova、東京タワーまでの行き方を教えて」「東名高速道路の渋滞情報を教えて」といった音声操作が行える。

またClova Autoは、 車載器とスマートフォンを連携するSmart Device Link(SDL)に対応。ハンドルの音声コントロールボタン、ディスプレーへの地図等の情報表示ができる。

関連リンク

関連記事