18作品200種類以上のコマを提供

LINE、マンガの吹き出しに好きなセリフをコラージュできる「コミックメーカー」実装

編集部:押野 由宇
2018年09月13日
LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のタイムラインで、新機能「コミックメーカー」を本日9月13日より提供開始した。バージョン8.12.0以上で利用可能。

「コミックメーカー」機能を実装

コミックメーカーは、人気漫画のコマの吹き出しに好きな台詞を入力し、LINEのトークルームやタイムラインにシェアできる機能。機能開始時は、『北斗の拳』や『モブ子の恋』に加え、LINEマンガ編集部が手がけるオリジナル作品の人気作『マリーミー!』『地上100階〜脱出確率0.0001%〜』など18作品200種類以上のコマを提供し、今後は毎週約50種類のコマを追加する予定という。

コミックメーカーは、タイムラインを開くと表示される「緑色の鉛筆のマーク」をタップすると起動。複数表示されるコマの中から使用したいコマを選択して台詞に好きな言葉を入力するか、台詞の入力画面にテキストを入力すると生成される複数のコマの中からお気に入りのコマを選ぶことができる。

コミックメーカーの入力画面

入力したセリフが吹き出しに入ったコマがランダムで表示。更新ボタンを押せばコマが入れ替わる

その後、タイムラインかトークなど共有する先を選択することで、作成したコマをシェアできる。

コミックメーカーのトップ画面には、ユーザーが「人気コマにエントリー」にチェックマークを入れて作成したコマの中から選りすぐりのユニークな作品を掲載。人気コマの中からお気に入りのコマを選び、トークルームやタイムラインにシェアすることも可能だ。

タイムラインではコミックメーカーの提供開始を記念し、投稿イベント「レスの達人」を9月21日から開始。「困った告白をされた時」をテーマにユーザーから作品を募集し、投稿作品の中でも特に秀逸な3作品には、『レスの達人』とかけた賞品を後日プレゼントするとしている。

関連記事