超高輝度ビジネスプロジェクター市場への参入を表明

キヤノン、4万ルーメン/1,000型投写対応の4Kプロジェクター。スポーツ観戦などビジネス用途向け

編集部:小野佳希
2018年08月07日
キヤノンは、10,000lm以上の超高輝度ビジネスプロジェクター市場への参入を表明。スポーツ観戦や大規模施設における活用を想定した「パワープロジェクターシリーズ」として、40,000lm(センター)の4Kプロジェクター「LX-4K3500Z」など3機種の受注を開始した。

LX-4K3500Z

LX-4K3500Z 2,500万円(税抜)
LX-4K2600Z 2,300万円(税抜)
LX-HD1200Z 600万円(税抜)

LX-4K3500ZとLX-4K2600Zの2機種がネイティブ4K対応で、残るLX-HD1200ZがフルHDモデル。最上位機LX-4K3500Zは40,000lm、LX-4K2600Zは30,000lmという数値を実現している。

なお上記の輝度数値は画面中央の測定点でのもの。JIS X6911:2015 データプロジェクターの仕様書様式で規定される光出力の測定方法に基づいた測定値では、LX-4K3500Zが35,000lm、LX-4K2600Zは26,000lm対応モデルとなる。また、レンズは別売り。LX-4K3500Z / LX-4K2600Zには別売りのラージべニューボード「LX-BD4K01」の購入が必要。

4K対応の2モデルは、ネイティブ4K対応の1.38型DLPチップを3枚使った3チップDLP方式を採用し、最大1,000型の大画面に投写可能。「色割れ現象が発生しない高画質なネイティブ4K映像をドットバイドットで忠実に再現し、その場にいるかのような臨場感のある映像を投写可能」だとしている。

また、青色レーザー光源2系統と赤色レーザー光源1系統、緑色蛍光体による3原色光源を採用。これにより、超高輝度とデジタルシネマを配給する際の世界統一規格「DCI-P3」に対応する広色域を両立したとしている。

加えて、4Kモデルは光源ユニットと光学ユニットを密閉し、水冷と空冷を組み合わせた空気の循環冷却システムを搭載。さらに、レンズユニットと本体との間を凹凸構造に設計することでレンズユニットからの埃の侵入も防ぐ構造としている。これらの密閉防じん構造により、ちりや埃が堆積しやすい環境下における高い信頼性と耐久性を確保したとしている。

関連リンク

関連記事