4K性能強化のフラグシップ

キヤノン、4K/60p業務用シネマカメラ最上位機「EOS C700」「EOS C700 GS PL」

編集部:杉浦 みな子
2016年09月02日
キヤノンは、業務用カムコーダー“CINEMA EOS”の最上位機“C700”シリーズを2016年12月下旬より順次発売する。レンズマウント別に2種類を用意しており、EFマウント対応モデル「EOS C700」と、PL(GS)マウント対応モデル「EOS C700 GS PL」をラインナップする。

■EFマウント
・「EOS C700」¥OPEN(予想実売価格300万円前後)2016年12月下旬発売

■PL(GS)マウント
・「EOS C700 GS PL」¥OPEN(予想実売価格330万円前後)2017年1月下旬発売

EOS C700( CN-E35mm T1.5 L F装着時)※EOS C700 GS PLもほぼ同じ外観

C700は、キヤノンが映画制作用にラインナップする“CINEMA EOS”シリーズの新機種。最新のプロダクションニーズに応えられる、新しいフラグシップモデルとしてラインナップされる。

EFモデルはシネマロックタイプで、4K対応EFシネレンズをはじめ、豊富な種類の写真用EFレンズ、EF-Sレンズ群を使った映像制作が可能となる。

PL(GS)モデルは、全画素を同じタイミングで映像を取得する特徴を持った「グローバルシャッターセンサー」を採用するモデル。ローリングシャッター歪みやフラッシュバンド画発生しないメリットがある。アナモフィックレンズを含むPLマウントレンズの装着が可能で、Cooke社のi Technologyもサポートする。

その他、レンズ部以外の仕様は共通。撮像素子にはスーパー35mm相当のCMOSセンサーを搭載する。大きな特徴としては、“CINEMA EOS”シリーズとして初めて4K/60p映像の撮影に対応する点が挙げられる。

また、キヤノン独自のXF-AVCに加え、制作カメラで重要視されている中間コーデック「Apple ProRes」の内部収録にも対応する。Apple ProResに対応するキヤノン製カメラは、本機が初。これによりトランスコードと手間を省略し、ワークフローを効率化できるように配慮した。ProRes+RAWや、低レートのProxyデータを同時記録することが可能で、バックアップ用途やスムーズなデータ運用が行えるようにしている。

記録形式は、4K収録時にProRes 422 HQ、10bit、最大30fpsまで対応。2K収録時はProRes 422 HQ(10bit)とProRes 4444(12bit)に対応し、最大60fpsまでサポートする。Crop 2K収録時はProRes 422(10bit)で最大180fpsまで対応する。

4K撮影時の記録メディアには、従来の4K CINEMA EOSシリーズと同じCFadstカードを採用。2枚のCFadstカードに同時記録が行える。そのほかにもSDカードや、Codex社製レコーダー「CDX-36150」を搭載することも可能。CDX-36150はC700と一体化できるように開発されたもので、4K/120fps+RAW記録が行える。さらに今後のアップデートで、ProResにも対応予定としている。またそのほかに外部レコーダーの接続もサポートしている。

また、本機は後処理行程を前提としたガンマ「Canon Log」「Canon Log 2」「Canon Log 3」にも対応する。Canon Log 3は、暗部を締め、階調を整える程度のグレーディングを考慮した特性のガンマで、ノイズを目立ちにくくさせ、Canon Logの扱いやすさを残しつつダイナミックレンジを拡張する特徴がある。

さらに本機はオートフォーカス性能も高めており、撮像と位相差AFの機能を兼ね備えた構造のCMOSセンサーを用いた「Dual Pixel CMOS AF」に対応する。画面内縦横比約80%の範囲内で、高速のワンショットAF、コンティニュアスAF、高精度は顔検出AFに対応する。また、測距エリアは十字キーで測距エリア内を移動して自在なフレームワークでAF撮影できる。

「Dual Pixel CMOS AF」の情報を活用し、フォーカスアシスト情報を画面上に表示する「Dual Pixel Focus Guide」も機能強化しており、ガイド表示のプリセット機能を搭載し、あらかじめセットした位置へフォーカスガイドを素早く移動することができるようになった。

また、有機EL電子ビューファインダー「EVF-V70」やショルダーサポートユニットなど、アクセサリー類も豊富な種類をラインナップしハイエンド撮影に対応。撮影用途やロケーションに応じて、フレキシブルにシステム構築できる拡張性を確保している。

そのほか、放送用インターフェースである12ピンレンズ端子に対応し、一般的な放送用レンズと同じくアイリスのリモート操作や、フォーカス/ズーム/絞りの位置データの記録が可能となる。12ピンレンズ端子に対応することで、グリップユニットへの電源供給も行えるようにしている。

なお、今回発表されたのはEFモデルEOS C700と、PL(GS)モデルEOS C700 GS PLだが、このほかにオプションでB4マウントに対応する4K非対応モデルも発売予定としている。

関連リンク

関連記事