2Kモデルにも新製品

ソニー、56型/30型の4K有機ELモニターを開発 − 30型は2014年中に投入へ

ファイル・ウェブ編集部
2013年04月08日
ソニーは、56型と30型の業務用4K有機ELモニターを開発した。また、2Kモデルの業務用有機ELモニター新製品6モデルを5月に発売する。

業務用4K有機ELモニター(開発中)

■4K有機ELモニターは30型を2014年中に投入

4K対応モデルは、サイズによって解像度が若干異なっており、56型が3840×2160ピクセル、30型が4096×2160ピクセル。型番などはまだ発表されておらず、2014年中に30型の4K有機ELモニターの発売を視野に入れ、開発を進めているという。

なお、4月7日から米国ラスベガスで開催される放送機器展示会「NAB」にて技術展示する。

■2Kモデルは視野角を大幅に向上

2Kモデルは、シネマ領域まであらゆる映像制作用途に対応する「BVM-Eシリーズ」、色域やガンマなどを放送規格までの対応とすることによりコストパフォーマンスを上げた「BVM-Fシリーズ」、放送局スタジオサブモニター等の用途を想定した「PVMシリーズ」それぞれで25型と17型の2モデルずつ、合計6モデルを投入。ラインナップは下記の通り。

・BVM-E250A(25型) 2,541,000円(税込)
・BVM-E170A(17型) 1,386,000円(税込)
・BVM-F250A(25型) 1,659,000円(税込)
・BVM-F170A(17型) 997,500円(税込)
・PVM-2541A(25型) 661,500円(税込)
・PVM-1741A(17型) 441,000円(税込)

BVM-E250A

いずれも「TRIMASTER(トライマスター)」技術に、ソニー独自の有機ELパネルを加えた「TRIMASTER EL(トライマスター イーエル)」シリーズの新モデル。視野角を大幅に向上し、従来のモデルと比較して視野角による色の変化が半分以下に改善したパネルを新たに開発し、業務用フラットディスプレイにおける業界最高クラスの視野角を実現したという。

視野角の向上により、編集室等で複数名が並んで1台のモニターを見て制作、確認を行う際にも、カラーシフトがほぼ発生せず、効率的な映像制作を実現するとしている。

関連リンク

関連記事